病院というところ

入院すると分かるんですが、みんなぎりぎりのところでやっているので、本音がでて凄いところです。

呆れるような人もいるし、どこまても誠実そうな人もいる。人間性が現れる場所です。

私は、こんなん書いているぐらいなので、誠実さを失なわないように頑張っていますよ。

今夜は、痛みで痛み止めの点滴中ですが、暫く眠れそうにないので起きてこんなことしています。

今日は隣のベッドが空いたと思ったら、すぐに
若い方が入院されましてね、夜間なのにテレビつけているんですよ。暗い中でのテレビは目によくありません。特に、関係ない隣の私には。迷惑なほどにね。
でもね、入院はじめてらしいし、若い方だし、9時から寝ろって言われても、無理だよね。だから、放っておくの。
どうせ二時間しか見れないし。

お見舞いの方々の話も可笑しいよね。時々吹き出しそうになります。同室の会話は、ひそひそ話になるほど聞こえます。医者や看護婦さんの話。まぁ、いい話でないことが多い。

病院スタッフは昔のように、担当が決まっているわけではないので、患者は大変です。同じ話を繰り返さないといけなかったりします。申し送りはたいてい期待できないので、自分が申し送りしないといけない。お医者さんも一人でないし、いきなり来て言いたいことだけを話していくし、表現が人によって変わるので、上司が沢山いるみたいです。

はは。愚痴になりそう。

外は雷雨です。

束の間の秋みたいですよ。

ここは、ある意味快適ですけど。


みんな、必死に生きる為に今夜も頑張っています。

そんな病院特有の音を聞きながら、過ごそうと思います。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-08-21 23:22 | 闘病生活3

<< NEWS<チャンピオン先... 夏休み二日目 〜術後〜 >>