ワーキング ハイ

とでも言うのだろうか。

仕事が進んでいくうちに、自分が意識していないんだけど、体や口が勝手に動いて、勝手に仕事が進んでいく。

かと言って、疲れがないかというと、そんなことはないんだが。

今日は、お昼過ぎのセキュリティー研修を15人ほどの前でやっている時がそうだった。

内容は完璧だった。なかなか、こんなことはない。

一見、順調なようだったんだけど、17時過ぎからおかしくなった。
今日、やらなければいけない仕事が終わらない、どころか、始められない。なんか山に登る時に、近づけば近づくほどに、山が遠ざかって見えるのに似ている。
そのうち、焦りが出てきた。

結局、今日やらなければいけない仕事は手もつけられずに、22時を回った。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-04-23 23:08 | 病気・介護

<< 計測より休息 まだ、眠れない >>