<   2011年 05月 ( 52 )   > この月の画像一覧

あー、いくら高台に って言ってもなぁ

 高台に住めって言ってもねぇ。


 果たして、どれぐらいの時間(期間)、持ちこたえられるのでしょうか。


 そのうち、1人、2人と、低地に住み始めたら、止められなくなるんではないのかなぁ。




 津浪の最高が40mを越えましたなぁ。


 40m以上の高台って言ってもねぇ。


 今回は、たまたま40mで済んだのかも知れませんね。


 では、いくらぐらい高いところがいいんでしょうねぇ。


 50mでしょうか。

 あー50m。うーん。吉村 昭さんの本には、「ゆうに50m以上はある」みたいなこと、書いてありましたなぁ。


 50mでもダメなんですかぁ。



 云々。。。。





 やっぱり、津浪が来ても大丈夫な建物とか、大丈夫な避難経路とか、そういうの確保したらいいんでないのかなぁ。

 例え高台に家があったとしてもだ、その瞬間に、低地にいたひとは、そんな高台にはすぐには逃げられませんからなぁ。そりゃぁ、高台に作った家は大丈夫でしょうけど。

 それより、【すぐに逃げられる安全な場所を作る】のが先決なんやないかな、って思いますわ。

 もっとも、すぐ山が迫っている大船渡なんかは、すぐに高台がありますから、そこはいいかもしれませんけどなぁ。

 陸前高田は難しいかもしれませんなぁ。高台まで、もっと近かったら、今回は、随分多くの人が助かったように思いますけど。。。。

 避難路が確保されていたら。。。


 うーん。家が流されないことの方が優先されるんですかぁ。。。人よりも。。。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-31 21:18 | 災害・ボランティア

NEWS<内部被曝抑えるには・・・ 追記。

NEWS<内部被曝抑えるには、ほうれんそうなど葉ものや小魚を食べる>

 について、みんなからつぶやきがあったので。。。

 まず、この教授には、『被爆していない』ほうれん草や、小魚、という条件をきちんと書いて欲しかったですね。

 それから、チェルノブイリの例を教えてくれた方がおりましたので、↓ここもみてくださいね。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No107/tomura090807.pdf



 さらに、情報は正確にお願いしたいものですね。

 どこそこの教授が言えば、本物と勘違いする可能性があります。地位のある方々は、ぜひ、みなさんに与える影響を考えて発言してもらいたいものです。

それから、最後になりますが、前の記事で、以下のような文面で締めくくられておりますが、私からすれば、そんなの出し惜しみせずに、長文になってもいいから、ここに書けよ、ってなものです。

以下、前の記事の最後尾から、抜粋。
==
放射能から身を守るためには、放射線量の数値に留意するだけではなく、すべきことがまだまだある。
==
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-30 23:05 | 災害・ボランティア

NEWS<内部被曝抑えるには、ほうれんそうなど葉ものや小魚を食べる>

アメーバニュースから。

 産地表示しないのは「ずるい」というか「あくどい」行為。

 まるで、「不具合は、みんなで隠しましょう」って言っているみたい。「当たった人が運がない」と言わんばかり。

 ある大国では、「(不具合が)出たら、対処すればいい」って考えているみたいで、ここ何年か、ソフトウェアの品質もこれしきで低下してきています。後から見つかるほうが、はるかに損失は大きいのに。出荷前に見つかれば、損失は小さく治まるのに。マネージャークラスがこういうことを言い始めると、誰も止められません。

 例えば、ここに10台の自動車があります。このうちの何台かは、ブレーキのテストをしていないか、または、テストの結果をごまかしています、って言われて、みなさんは、その車、買いますか?

 ってことですよ。

 まぁ、最近の政府も、仲良くし始めたし、仕方ないかなって気もしますけど、ここは、日本人の仕事気質(かたぎ)で絶対に阻止して欲しいものです。

全文。
===
放射能汚染が止まらない。雨や大気からだけじゃない、放射性物質は食物や呼吸から体内へ。美作大学大学院・山口英昌教授によれば、「放射線を体外から浴びるのが外部被曝。一方、食物や飲み物に含まれている放射性物質が体のなかにはいり込む。その放射性物質から放射線が出て被曝すること、これが内部被曝」という。

では、内部被曝を防ぐためには、どうすればよいのだろうか。

「まずマスクをすることで埃を吸い込むことを防ぎ、帽子や長袖で髪や衣服への付着を防ぎます。少しでも体の中にはいらないように注意するしかありません」(琉球大学・矢ヶ崎克馬名誉教授)

また、日頃から食事に気を配ることも大切だという。

「ほうれんそうやパセリなどの葉もの野菜やいも類などに含まれるカリウムは放射性セシウムを尿とともに排出しやすくします。骨に集まるストロンチウムは、カルシウムをきちんと摂ることで体内の蓄積を防ぐことができます。内部被曝の被害を抑えるには、日頃から野菜や小魚などをバランスよく食べることです」(北里大学獣医学部・伊藤伸彦教授)

放射能から身を守るためには、放射線量の数値に留意するだけではなく、すべきことがまだまだある。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-30 21:58 | NEWS

つむぎプロジェクト ~身元確認システム~

 震災からもう2ヶ月半になりますが、まだまだ見つかっていない人が多いんですよ。

 私は、asahi.comに載る犠牲者の方々を陸前高田市では町別に、大船渡市は一くくりで、いずれも年齢順に日々並べなおしておりますけど。



 まだ、1/3の方々が見つかっていないのです。

 信じられますか?




 それから、遺体はあるのですが、身元が分かっていない人も大勢います。
その情報を検索できるシステムが「つむぎプロジェクト」です。

 見ていると、所持品などから、すぐ見つかってもよさそうな情報があるのですが、身元を確認される方も犠牲になられているのでしょうか、まだまだわからないようです。

 見つかっていない人もいっぱいいます。引き潮が強かったという話も聞きますから。


 ご冥福をお祈りするとともに、身元が判明することを祈っております。


追記:このシステムに注文。というか、難しい表現がある。医学用語と思われるけど。もっと簡単な表現にならないのかしら。そういう取り組み、誰かやってほしい。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-30 21:42 | 災害・ボランティア

NEWS<糖尿病は自覚症状なし 深刻化すると失明、腎不全、心筋梗塞>

アメーバニュースから。

 私も軽度の糖尿病患者です。

 わかったのは、2006年の10月でした。父も重い糖尿病だったので、時間の問題だとは思っていました。私は果物が大好きだったので、その摂取量が半端でなく、それが原因でもありました。
もっとも、果物好きにさせた原因のひとつは、父の果物好きでもありましたけど。

 その当時の体重は65kg。私の今までの最大重量でした。
ズボンは入らなくなるし、身体が重いと感じるし、食べてもおなかがきつくって、おなかがすいているにも関わらず食べられないなど、本当に大変でした。

 しかし、すぐに胆石のために胆嚢摘出手術をし、そこで、体重を2,3kg減らすことができました。

 よし、この体重を死守しようと思いました。

 お昼のご飯は、人にあげたり、半分にしたり、しました。処方されていた薬も飲んでました。
この薬は、胃の中での糖分への分解を遅らせる薬でした。
この薬を飲んでいるときに低血糖になっても、飴は効きません。ブドウ糖でないと効かない為、常にポケットにはブドウ糖を持っていました。
また、肝脂肪が多かったので、それも減らす薬を飲んでます。
果物は、半分ほどに減らしました。

 最近TVでやってましたけど、食事の際に、先に野菜から食べるといいらしいですよ。血糖値があがりにくい食べ方らしいです。

 さて、5年ほど経った最近の体重ですが、60kgを割る事もあります。
血糖値はある程度高めですが、ヘモグロビンa1cは、平常値です。肝機能なども正常値で、身体的には正常に近い状態にあります。

 ついでですけど、生命保険。

 糖尿病とわかってから入りなおしました。
これは、保険会社との間ですったもんだありました。保険に入れられないっていうので、「3人に1人の割合で予備軍がいう糖尿病なのに、そういう人を対象としない保険会社なんか信じられない」って言ったのです。しばらくして、上司からの承認をもらえた、ということで、ちょっと保険料は高めですけど、生命保険に入ることができました。

 私の父は、糖尿病絡みで亡くなっています。みなさんも注意してくださいね。

さて、やっとニュースの内容です。全文。
===
日本人は欧米人に比べてインスリン分泌量が少なく、不規則な生活習慣や多少の肥満でも糖尿病を発症する。自覚症状がほとんどなく、重症化すると失明、腎不全、心筋梗塞などの合併症を引き起こす。昨年、糖尿病に対する新薬として、血糖値の高い時だけインスリン分泌を促すDPP-4阻害薬が発売された。従来の内服薬に比べて低血糖を起こしにくく、薬の服用で太る副作用もない。

予備軍を含めると約2210万人と推計されている糖尿病患者は、この10年間で約1.6倍に増えている。糖尿病は膵臓から分泌されるインスリンの作用が低下して血糖値が高くなる病気で、自覚症状がほとんどなく、発見された時は症状が進行していることが多い。

重症化すると糖尿病性網膜症での失明や腎不全による人工透析、脳梗塞や心筋梗塞などの合併症が起きる危険性が高い。そのうち、インスリンを分泌する細胞が破壊される1型糖尿病は約1割で、大半が過食や運動不足、肥満などの生活習慣による2型糖尿病だ。昭和大学病院糖尿病・代謝・内分泌内科の平野勉教授の話。

「糖尿病には欧米型とアジア型があり、欧米人はインスリンが分泌されても作用しないために発症します。肥満による栄養過多で体内に蓄えられた脂肪のせいでインスリンの効果が出なくなるのが原因です。

日本人を含むアジア人は、もともとインスリンの分泌が欧米人の約半分と少なく、少しの体重増加でも糖尿病を発症します。食の欧米化と生活習慣の不規則から、年々糖尿病患者が増えています」

DPP-4阻害薬の内服薬は、現在4製品発売されており、1日1回ないし2回の服用で血糖値をコントロールする。ほかにも注射薬のインクレチン製剤があり、腹部への注射でDPP-4阻害薬以上に血糖値を低下させることができる。現在2種類が発売されており、1日1回ないし2回自己注射する。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-30 21:23 | 病気・介護

災害系ボランティアに限界を

 アマチュア無線の開局30周年を迎えた2005年に、関東でのコールサインを取得し、無線を使って何か災害時に役立てられないかという気持ちではじめたボランティアでありました。

 はじめた当初は、みんなから、「ボランティアされる方ならわかるよ」と言われたけれど、いいや、そうではないのだ、「自分ができることの少しを誰かのためにやれるなら」それがボランティア、と言い聞かせながら、今まで、やってきました。

 ですが、訓練には参加できても実践には参加できない自分がおりました。

 いろいろと抱えている不具合で、どうしてもそれができない。

 今回も、車での移動、バスでの移動、自分が運転すれば酔わないけれど、他人の運転はダメだ。
石がどこで動くかわからないし、動いたら動けないし、何しに行ったのかわからなくなる。他にもいろいろ。。。

 そもそも、今は会社にいけるかどうかっていっている人間が、ボランティアなんて。。。そんな感じです。

 手術後の2007年は、「なかちゃん」らしくないほど異常なまでに元気な1年でして、ここのあたりで随分とほうぼうに手を出した災害系のボランティアでしたが、その翌年から、またいつもの「なかちゃん」に戻りました。

 自分にできることを、というのであれば、今の自分にとってできるのは、少なくとも災害系のボランティアではない。

 今まで、いろいろとしがみついてきた私でしたが、そろそろケリをつけてもいいかなって思います。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-29 21:35 | 災害・ボランティア

パラオ共和国

 突然ですけど。パラオについて。。。

1.面積

 488平方キロメートル(屋久島とほぼ同じ)
   ちなみに、陸前高田市は、232.29km²

2.人口

 20,397人(2009年、世界銀行)
   ちなみに、陸前高田市の21,771人(23.4.24 18時現在)

3.言語

 パラオ語、英語
   ちなみに、戦時中は、日本語教育も行われたため、ご老人の中には日本語を話せる人もいる。
   また、日本人も300人ほど住んでいるらしい。

4.略史

 1500年代 スペイン人がミクロネシアの島々を発見。
 1914年 第一次世界大戦始まる。日本はパラオを含む独領ミクロネシア(南洋群島)を占領。
 1920年 国際連盟から日本の(パラオを含む)ミクロネシア(南洋群島)委任統治が認められる。
 1947年 国連の太平洋信託統治領として米国の統治始まる。
 1978年 住民投票の結果、パラオはミクロネシア地域の統一国家からの離脱を決定。
 1994年10月1日 コンパクト(注)発効(2044年まで有効)、独立。

f0187499_1725610.jpg


5.陸前高田市とパラオは友好関係にある。

 私の初海外旅行地は、このパラオですが、その年、陸前高田市とパラオは姉妹都市宣言したのではなかったか。。。というのは、陸前高田市のサイトからは資料が見当たらないから。。。

6.陸前高田市にあった「貝と海のミュジアム」とパラオの博物館との間で交流があったと聴いた事がある。
 もっとも、パラオの博物館で貝は販売されていましたけどね。


 さて、私がパラオに行ったのは。。。

 1994年11月23日頃で、会社の社員旅行でした。クリスマスの前だったですね。

 社員の中におばさんがパラオに住んでいるとのことで、そこを頼っての旅行でした。
 その頃は、まだ直行便がなく、成田⇒グアム(乗り換え)パラオ、だったように思えます。
時差はほとんどなかったんですが、確か、一日がかりだったように思います。
帰りは、パラオ⇒ヤップ⇒グアム(乗り換え)⇒???⇒成田。で飛び石のように帰った記憶があります。

 第一印象。海がきれい。30mほど下まで見えました。1m以上の大きな魚が海底付近を優雅に泳いでいるすがたを船上から見れましたから。
f0187499_178954.jpg


f0187499_1782727.jpg


f0187499_1783984.jpg


 静かなところでした。街中はそうでもありませんが、一歩、郊外にでると、特に、内海のようになっているところは、まるで湖畔にいるようでした。
f0187499_1752846.jpg



 ここは、ダイビングのメッカと言われるほどの観光地でしたけど、私たちはあくまでも観光で、おそらく、観光だけで行った日本人は私たちが最初で最後だったんではないでしょうか。

 ホテルは日航ホテルでした。着いたのは夜遅くで、夕飯の時刻はとっくに過ぎていました。何か食べさせて欲しいと言いましたが、何もないと言われ、それでもお願いして出てきたいのは札幌ラーメンでした。興ざめでした。まずかったです。

 翌朝、ホテルの食事があまりよくなかったと記憶しています。すぐに、レンタカーを2台借りました。これは正解でした。以降、食事は、町まで繰り出して、現地の人と同じものを食べました。みんな愛嬌があって、こちらに興味を持っていたようでした。私も片言ながら、英語でおしゃべりしたようにも思えます。

 街中には、日本の車が多く走っていて、中には、「〇〇自動車学校」と書かれているものや、ドアのない車が多く走っていました。

 夜は、行ってはいけないという地域以外は、大丈夫でした。
道端にバスケット場が多くあって、みんなでバスケットボールをやっていました。

 小さい島(町)と大きな島があります。大きな島には、原住民のような方が小屋で生活していたように記憶しておりますが、街中とちがって、とても懐かしさを覚えたのはなぜだったのでしょうか。ゼロ戦の残骸が、今でもあり、一気に、ここが戦場であったことに心が痛みました。

 ホテルの売店にいたおじさんとは、いろんなおしゃべりをしました。中国人の方でしたが、日本語が上手で、私が岩手県出身だと言うと、昔、大船渡と貿易の仕事で行ったことがある、とのことで、盛り上がりました。

 オプショナルツアーがあって。。。

 ひとつは、ヨットのサンセットクルージング。
これはお勧めでしょう。真っ暗の中で、夜空に人工衛星が飛んでいくのが見えました。
f0187499_1792064.jpg


f0187499_1710990.jpg


 シュノーケリングしながら島伝いに渡っていくのがありました。
私は泳げないので、海には入りませんでしたが、水の流れが非常に速く、怖い思いをしました。
その前後、日本人が流されて亡くなったという事故がありましたが、それはうなずけました。私も、ちょっとだけ、船のはしごから、海に入ろうとしたときに、水流で、船の下に引き込まれそうになりました。怖かったです。
途中、島に渡っての、バーベキューは、ハエが凄くって、閉口しました。

 水上スキーをやったひとや、ダイビングの体験版をやった人もいました。私と友人は、どちらも嫌で、車で大きな方の島を走りました。

 おばさんのところでは、とても歓迎されて、クリスマス前だったのに、クリスマスのようなご馳走をいただきました。あまり食べられなかったんだよね。いっぱい出てきたんだけど。
f0187499_17125365.jpg


f0187499_17131381.jpg


後で、大丈夫だったのでしょうか。心配でした。
おばさんは、かろうじて日本語を覚えている、という感じでした。家族みなに愛されているのはひと目でわかりました。
 日本がとても懐かしいと言っていまして、日本の歌を聞かせて欲しいって頼まれて。花、とか、さくら、とか一緒に歌いました。涙を流しながら歌っていて、思わず、もらい泣きをしました。

 そうそう、プライベートビーチを持っているホテルがあって、そこを一日だけ使わせて貰った事がありました。
私は泳げないから、仕方なく、砂浜の波打ち際に体育館座りしていたんだけど、気がついたら、結構大きな魚達が、私の足の周りをぐるぐる回っていたのよね。感激してしまって。。。
ホテルの売店で、シュノーケリングの一式を購入し、すぐに浜辺へ。
本当、子供の水浴びみたいな水深(ひざぐらい)のところで、水に浮いていましたね。それだけで、十分でした。私には。たった、その水深なのに、いっぱいの魚が私を楽しませてくれました。
呼吸さえできれば、自分も水に浮くって知ったしね。満足でした。

一週間の旅行でした。その間だけで、人間忘れそうでした。

 でも、また行きたい。行って、現地の人とおしゃべりしたい。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-28 17:15 | 日記

睡眠障害のために。。。薬を飲むことに

 月曜を休みにさせてもらっているんですが、睡眠導入剤を処方してもらおうと思って、意を決して月曜日に病院に行ってきました。

 なぜ意を決しなければいけないか。。。

 過去の鬱の時の治療で、睡眠薬や導入剤にことごとく失敗しているからです。
お医者さんは認めてくれませんが、記憶に障害が出たり、射精ができなくなったり、私の場合には、薬が効きすぎて、睡眠導入剤ならぬ退職導入剤になりかねなかった、などがあるからです。

 でも、今のこの睡眠障害(午前2時過ぎに起きてしまって眠れずに朝まで。結局、明け方に二度寝になり、起床時刻に起きれない、または、酩酊状態で外出が危険)のために、本当に職をなくしてしまいそうになっているため、少なくても、睡眠だけは、確保したい、という切実な問題のためです。

 だから、お医者さんには、「極力軽いのを」とお願いしたので、今回は、睡眠導入剤にもならない、精神安定剤をいただいてきました。

 月曜日の夜が初日。
 翌朝どうなるかもわからない状況で、随分とリスキーなやっちゃなぁ、って思うかもしれませんけどね。0.5mgのを半分に割り損ねたため、だいたい0.2mgくらいかしら。それを23時に飲みました。数分後、いきなり眠気に襲われて、そのまま朝まで、といきたいところでしたけど、どこかでまどろむ状態が続き、明け方になり、二度寝なのでしょうね。起床時刻にセットしてある3回の時刻の2回もしらずにいて、3度目でやってめざめ。意識朦朧の状態で会社に。薬が抜けたと思ったのは午後に入ってからでした。

 火曜の夜。
 昨日はあれでも多かったのかと、残りの0.3mgほどをさらに半分に割って飲んだ。
30分ほどで眠くなり、やはり、途中で一度目覚めたものの、明け方に二度寝。目覚ましの前に起きれて、何事もなく出社。

 水曜の夜。
 0.15mgが適正なんだぁ、とか思って、残りの割れたのを飲んで就寝。
ところがどっこい、眠れません。全くだめ。そのうち段階的に眠気が襲ってきて、寝たようでしたが、2時半に目覚め。少しまどろんだ後二度寝。かろうじて起床の時刻に起きて出社。
この日は、前日に、結石っぽい痛みがあったことはあった。

 木曜の夜。
 どうしようか迷ったけど、また、半分に割り損ねの0.2mgほどを飲んで眠くなったら床に入ろうと思った。
でも眠れない。どうしても眠れない。仕方がないので、さらに割ったのも飲んだ。0.35mgぐらいかな。
でもそのうちに寝たらしい。でも、3時半に目覚めた。状況としては薬を飲まないときと変わらない。
明け方になって二度寝。目覚ましで起きる事ができず、また結石の痛みもあり、結局、会社には行けなかった。

 会社との約束は、2Wも経たずに破る事に。まぁ、時間の問題だったんだけどね。

 金曜の夜。
 0.5mgを1錠飲みました。
 眠るのにしばらく時間がかかりましたが、途中、目覚めずに朝まで寝られました。平日みたいに、目覚ましをかけて寝ればよかったなぁ。今晩やってみよう。


 ということで、きわどい中での人体実験とあいなったわけですが、なんか、やっぱりクラインフェルターが解るお医者さんに掛かったほうがいいかなって思いました。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-28 15:30 | 病気・介護

ガイガーカウンター持ってませんけど。。。測定したら公表して

 昨日のTVニュースでやっていた。

 いま、放射能測定器(ガイガーカウンターって昔言ったけど)が飛ぶように売れているらしい。

 運良く購入された方は、自分のところで測定して、そんで、周囲の人のも測定して、高いとか低いとかやっているんでしょうね。

 で、いつの間にか、使われなくなっていく。。。。のかなぁ。


 是非、お願いしたい。

 測定したら公表してほしい。

 いつ、どこで、どのような環境で、天気はどうで、できれば、気温や湿度も。で、1m~2mのぐらいの高さで測定したものを、できれば定時で、できなくても測定時刻を。機種も。

 みんなでやれば、どこでどれほどの値なのか分かるはず。どういうところが高くなりやすいとか。

 いっぱい世の中に出回っているらしいから、是非、お願いしたいものです。



 昨日、関東も梅雨に入りました。
雨の構造を知っていれば、少量の雨であったも、傘をささなきゃって思うでしょう。
水溜りも、昔は、ジャブジャブ長靴でわざわざ入って歩き回ったけど、今はどうなんだろうか、とか。
心配は尽きません。

 さらに、超大型な、いや、正確には、強い台風が来ています。

 今までは、河川の増水とか、がけ崩れとか、心配でしたけど、震災後初めての大きな台風です。
放射能がどれほど拡散するのか、雨で、どれほど放射能が地面に到達するのか、何がどうなるのか。
もろくなった地盤が、雨でどうなるのか、心配の種が尽きません。

 相手は自然なので、人と違って、これくらい懲らしめてやればいいだろう、というものはありませんから、どこまでひどい状態になるのか見当もつきません。



測定器を持っている方は、可能な限りの公表をお願いしますね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-28 14:51 | 災害・ボランティア

NEWS<東電、事故直後の放射線データ一部未公表>

mixiニュースから。

 あれ、一部未公表ってさ、東電って、「一部しか」公表していなかっただけだよね。

全文。
===
 細野首相補佐官は27日夕の統合対策室の合同記者会見で、東京電力が福島第一原子力発電所の事故直後の放射線測定データを、一部公開していなかったことを明らかにした。

 東電から同日、報告を受けたという。

 細野補佐官は「事故後2か月半になる今になって出てくるのはタイミングが遅い。なぜそうなったのか。ほかにも未公表のデータがないのか再確認を求めた」と述べ、東電に対して、28日に説明するよう要請したという。

 東電によると、事故直後の3月11日―15日の5日間に測定した一部データなどが未公表だったという。
===


    何を今更、って感じですかね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-27 20:46 | NEWS