<   2011年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

災害への思い

 アマチュア無線を災害に役立てたいと思いたち、コミュニティのようなものを立ち上げてから二年半ぐらい経とうとしています。

 私が災害に目覚めたのは。。。

 生まれる1年前にチリ地震津波があった。生まれる前だけど記憶にはっきりと残っているのはなぜなんだろうか。遠く広がる田んぼをキラキラしたものが覆っていく。とてもきれいなのだけれど、実は、それは恐ろしい津波による波で、朝日で反射してキラキラ見えるものだった。夢でも、大波の夢を多く見た。

 小学生の時、十勝沖地震を体験。震度4だった。子供ながら激しい揺れだったことを覚えている。学校で、皆で机の下にもぐって隠れた。津波が来るというので集団下校した。

 高校三年生の時、宮城県沖地震を体験。震度5だった。電柱が左右に大きく倒れるぐらい揺れた。走行中の通学のバスの中で遭い、一瞬バスがひっくり返るのではないかと思ったほどの強烈な下からの突き上げだった。学校の私の教室では、鉄筋の校舎であるにもかかわらず、大きな太い梁がずれてしまい、卒業式のときまで、梁を支える鉄骨が教室内に林立していた。

 その三年ほど前の中学三年生の時、理科年表に災害が載っているページを見つけた。そこには、自分が住んでいる三陸地方で、地震や津波による大きな災害が書かれていて、その内容に震え上がった。

 その頃から、災害、特に地震や津波に興味を持ち、そういう記事や本を読むようになった。実家のそばに、津波体験館のような施設があり、そこで、津波の映像を見て、さらに恐怖が募るのに加え、興味が膨らんでいった。でも、まだ、インターネットという言葉が世に出る前の話だ。

 社会人になって、吉村昭というノンフィクション作家に出会う。とても調べ上げられた上での作品で、三陸大津波や、関東大震災の生々しさに震え上がる。また、災害とはちょっと違うけど、柳田邦男の「空白の天気図」では原爆のすさまじさを知ることになる。また、元来の飛行機好きもあって、飛行機事故や事故調査についての本も読み漁っていく他、奇跡的に生還したような小説も読み漁った。この頃になるとインターネットでも数々の体験談や資料が出てきて、これらも片っ端から読み漁ることになった。

 社会人になってからの地震の体験は、やはり阪神大震災だろう。たった、二日前に一番被害の大きかった土地を訪ねていた。生還はしたものの、それを知ったとき、恐怖のあまり腰が抜けてしまった。その後も、新潟中越沖地震。。。。

 ボランティアに目覚めたのは、中越沖地震の時だった。今までの自分は、弱かったために、周囲から「あんたは、ボランティアをするほうではなく、されるほうだろう」って言われていたため、全く自分でも意識していなかった。

 それが。。。

 ある日、自分ができることのほんの少しを他のためにやることができるのであれば、自分にも(ボランティアが)できるのではないか、と思いついた。
こんな慎重な私が、すぐにボランティア団体に登録という行動に出た。これには周囲は驚いたらしい。

 この頃、アマチュア無線開局30周年を迎えた。30周年を機会に、アマチュア無線を使って世の中のために何かしたい、という思いと、ボランティアが繋がった瞬間だった。

 手始めに、友人が所属していた救助犬の訓練で通信の素人さんに通信の仕方を教えてみた。全て自己流で教材を作り、実践しながら修正を加えていった。ボランティア団体でも通信の仕方を教える。救助犬の訓練では、現場と本部の間に入ったり、本部の役割としての通信の仕方も勉強させてもらった。

 インターネットなどで、地方自治体と連携しながら訓練をしているアマチュア無線の団体の話も読んだし、実際にその活動の紹介を聞いたりもしたけれど、どれも、自分が考えているものとは違った。一見、すごく見えるのだけれど、果たして有事の際に、自治体の方が無線機の前に座る余裕があるのかどうかが、とても疑問だった。ハムフェアで、阪神大震災の経験者の方から、「助けてくれるのは外人部隊だ」との話を聞き、妙に納得した。被災者は、自分のことが精一杯で他に目を向ける余裕がない。助けてくれるのは周囲からの人達なのだということ。

 そう思った頃、たまたま知人の紹介で同じような考えを持った無線局と出会い、一緒に災害時に無線を使って何かできないか、ということでコミュニティを立ちあげたのだった。


 さて、最近はどんな本を読んでいるか。。。

 現実離れした本に見えるかもしれないんだけど、きっと最悪を想定したらこんなことになるんだろうな、と思われる本がある。

★「死都日本」今霧島で火山が噴火していますが、とても似た状況の作品です。

★「東京大洪水」「M8」「TSUNAMI」この三作品はシリーズなんですが、もし、万が一、こんな災害が起きたら、こんな風になるんだろうなと考えさせられる作品です。

★「東京大津波」「首都直下地震<震度7>」自分がその場にいたら、その場その場でこういう注意をすればいいのかも、と考えさせられる作品です。

★「東京マグニチュード8.0」は割と有名ですかね。


 そうそう、帰宅困難者として、長距離を歩いてみたこともありました。無線機を持って。
ここ三年ほどは、無線機、アンテナ、バッテリー、サバイバル用品の一部などを持って通勤しています。

まぁ、大体こんなところでしょうか。

追伸:なんか、肝心なことを書いていないような気がするけど。。。また思いついたら追記する、ということで。。。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-31 23:33 | 災害・ボランティア

スキン変更してみたよ

 今までのスキンの写真は、4代(台)目の車であったイプサムでしたが、
今回のスキンの写真は、1代(台)目の車だった、ブルーバードマキシマです。

初めて中古でしたけど買った車で、とっても格好よくって、いろんなところに出かけた車でした。
入手できて、乗っても大丈夫ならば、また持ちたい車ですね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-30 20:02 | 日記

なかちゃん B型人間になるぅ の巻

 今月に入って、会社のうちの部署内で座席の大規模な移動が行われていて、実質その全体を取り仕切っているわけですが、いつもなら座席の移動は、だれもがスムーズに移動できるように緻密なスケジュールを考えて、文字通り一こま一こまずつ席を移動させる設計図をつくったりして望んでいたのだった。
まさに、血液型A型にふさわしいやり方だった。

 ところが、今回は周辺の他部署も巻き込んで、さらにネットワークやロッカーの増設移設などもあるため、こまごまとしたところまで目が行き届かない。なので、とっても大雑把な設計図で、後は、各課でやってぇ。細かいところの調整は、その後で都度やるからぁ、みたいにね。
まるで、B型のだれかさんみたいなやり方だ。

 というような話を、あるSEの前でしていたら、

「私B型なんだけど、なんかとっても普段から大雑把に仕事しているように聞こえたんだけどね」

って言われてしまった。

ハハハ。もちろん笑ってごまかしましたよ。



 でだ、その忙しいさなかの今日、ISO9001の外部監査が行われたわけです。

 こっちも、いままでにないぐらい、何も準備しないで望んだわけなんですが、やはり、ダメですね。
質問に答えられなくって、しどろもどろ。適当にはごまかしましたが、やはり、監査はA型のようにしっかり準備しないといけませんな。

ははは。まぁ、笑ってごまかす、ということで。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-27 20:59 | 仕事

実は、もうひとつのアイテムもGETしていた

新アイテムGET

 この日、実は、もうひとつのアイテムを入手しておりました。

 iPodTouch

 家内がずっと前から利用していて、時々使わせてもらっていたんだけれど、最近、Skypeやブログを外出先から見たかったりしているので、欲しい、って言ったら、ちょっと早めの誕生日プレゼントね、ということで家内に買って貰った。

 ソフトバンクのスマートフォンが家内は欲しかったんだけど、我が家みんなの携帯会社とは違うのと、子供たちからの強固な反対にあって、買えませんでした。なので、Pocket WiFiを購入しての対応となりました。

 前から私も欲しかったのは欲しかったんだけどね、ちょっと字が小さいんだよね。それがなかなかクリアできなくって。。。
今は、スケジュールと、音楽を聴くのがもっぱらの使い方です。で、Pocket WiFiは、1日1回、数分だけ、ブログを見に行ったり、Skypeをやるのに使っています。

まぁね、今はそんな感じです。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-25 22:10 | 日記

そこにいるのは わかっている

 今日は一日、また石の尿管移動で七転八倒しておりました。

 昨日は、腎臓で、今日は尿路で、さっき膀胱に飛び込んだらしいのは、なんとなくわかりました。

もう、膀胱にいるのは、わかっています。

おとなしく、出てきなさい!!

ってなもんですが、実は、今回のは大きいみたい、というのもわかっています。

おとなしくは出てこれまい。これもそうとう痛いはず。

あー、やだなぁ。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-23 17:49 | 病気・介護

そういえば、石はどうなったんだろう

 最近、石の話をしていないので、読者のみなさんは、いったいどうなっているの? ってご心配だと思います。

 一時、何事も無かったかのように、10日ほどおさまっておりまして、私も、やっとこれで普通の生活に戻れるのかと喜んでおりましたが、19日未明から、やばそうな痛みが毎朝続いていて、毎朝、痛み止めを飲む状態です。
血尿も相変わらず多いです。

でも、昨日も投稿しましたけど、検査中です。

今のところ、単純に石、との状態ですが、造影剤入りのCTで何が発見されるか、というところが注目されるところであります。

まぁ、入院したら、入院先から投稿するし、そうですねぇ、万が一、癌とかだったら、それなりの表現ででも投稿しますから。

なにせ、赤裸々投稿の、なかちゃんですから。

検査もアイテム表現しますから。

家内からは、「いつ逝ってもおかしくない なかちゃん」と言われていますが、まだまだ死ねませんから。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-23 09:20 | 病気・介護

新アイテムGET

プロ ~看護婦さん編~

 今日は、あるところの紹介で、大学病院の泌尿器科を訪ねました。
いつも行っている大学病院の同じ泌尿器科なんですが、先生が違う。しかも、先生自身、石保有者。

 期待に胸を膨らませて出かけてきました。

何で期待しているかって?

そりゃ、同じ石持ちですよ。患者の気持ちが分かるお医者さんに会える、ってことですよ。これ以上望むものはないでしょう。

なか:クラインフェルター症候群(以下KS)があるんです。
    血尿が3ヶ月も続いていて。。。

医者:どれどれ、検査結果は・・・。
             :
    腎臓は、大丈夫そうなんだね。。。。ふんふん。。。
             :
    血管に造影剤とか入れたことある?

なか:いいえ。

医者:そう。じゃぁ、一度、検査してみよう。造影剤入れてCTね。
    じゃぁ、予約取ってきてくれる?
             :
    それから、今日これから、膀胱を内視鏡で見るね。
    癌とか、膀胱に石ができていないかとか、傷がついていないかとかね。
    これからさ、私が見るから。

なか:はい。
    (内視鏡ってことは、おちんちんに内視鏡を入れるってこと?)
   かなり、動揺。

医者:じゃぁ、予約取れたら外で待っててね。




 ここで、先日の怖そうな看護婦さん(女王)が登場します。
向こうは、こっちのことを覚えているのかどうかはしらないけれど、結構やさしいように感じた。

女王:なかちゃんさん、こっちに入ってください。
    これ、紙パンツね。これに着替えて。あー、上はそのままでいいからね。

なか:はい。
    紙パンツの前は、くっきり開いていて、おちんちんが丸見え。
    (検査のためだから当然ですけどね)

なか:準備できました。

女王:じゃぁ、ここに足乗っけて。。。
    (婦人科のあの台のような状態になりました)

なか:(一応KSだからということで)あのー、小さいですけどね。

女王:あー、いいからいいから。関係ないから。

なか:やっぱり、痛いんですよね。

女王;そうだねぇ、まぁ、一緒に頑張ろうね。

なか:(そっかー、やっぱり頑張らなければいけないような痛さなんだ)
    (でも、一緒にって・・・)

女王:これから、尿道に麻酔かけるからね。
             :
   (ここからがちょっと長くて20分ほど、露出状態で待ちました)
             :
医者:はい。では、消毒しますね。
    それからゼリー(麻酔)入れますね。
    はい。口で呼吸してね。力を抜いてね。
             :
   (ここからさらに10分ほど待ちました)
             :
医者:じゃぁ、見ますね。
    入れますよぉー。
             :
    右にあるモニターにおちんちんの先が写っていて、
    どんどん中に入っていくのが見える。
             :
医者:はい。口で呼吸してね。力を抜いてね。
             :
    ここで、いきなりめちゃくちゃ痛くなった。
             :
    はい。力抜いて、深呼吸して、ゆっくり息をして。。。
             :
なか:痛ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。。。。
    (息しろって言われても、「呼吸する」ってなんだっけ)
             :
    背中をのけぞらして、やっと痛みが和らいだ。
             :
なか:背中に、なんか入れてもいいですか?
    (って言いながら、左腕を背中に突っ込んだ)
             :
医者:(女王さんに向かって)なんか背中に入れてやって。
             :
なか:いえ、大丈夫です。自分で腕入れましたから。
             :
医者:ふんふん。
    膀胱に癌はないね。
    あー、確かに左から血が流れてきているね。
    ここに石はないね。
             :
なか:(ちょっと余裕が出てきて、モニタを眺めながら)
    中、ピンク色できれいなもんですね。
             :
医者:膀胱は大丈夫だね。
             :
    (ここで、ぎゅって痛みがあって)
             :
医者:はい、終わりました。ご苦労さん。


なか:(女王に)出すときより入れるときのほうが痛いですね。

女王:前立腺のところに当たると、どうしても痛いらしい。
    で、痛いから力が入ってすぼまるから、余計痛くなる。
    だから、力を抜かないといけないんだけどね。

なか:なるほど。
    これでまた、新しいアイテムが増えました。

女王:あら、初めてだったのね。
    アイテムだなんて、ゲームみたいで楽しそうじゃん。

なか:いやー、病気は楽しまないと。。。

女王:そうだよね、やってらんないよね。

 どうやら、この女王看護婦さんは、話がとってもわかる看護婦さんだったようです。


 その後に、再度診察。

医者:次の検査まで時間があるけど大丈夫?

なか:もう3ヶ月も続いていますから、ちょっと伸びたぐらいでは。。。

医者:そう。でも、無理しないでね、貧血で倒れられても困るし、
    痛くなったら遠慮なく来ていいからね。

やさしいですよね、この一言で、患者がどれだけ救われるか。

とっても良いお医者さんでした。


 さて、麻酔がきれてきた2時間後あたりから、尿道に痛みがありまして、トイレに行きましたが、血しかでませんでした。ほとんど、怖くっておしっこにはなりません。

次回は、造影剤というまた新しいアイテムに挑戦しますね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-22 16:13 | 病気・介護

最近、娘が食事を作ってくれる

 最近、長女の仕事が休みのとき、夕飯を作ってくれる。

 レシピに忠実に作っただけだよ。

 とはいうものの、これがめちゃくちゃおいしい。


 昔は、お米炊くだけでも大騒ぎだったのに・・・。









そろそろ、旅立ちが近いのかも。。。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-19 21:05 | 日記

また車が欲しくなってしまって。。。

 先日、娘がバイクの免許を取得した。
家内も持っているから、その素質は十分なのだが。

 で、家内が通勤に使っているバイクを譲って、新しくバイクを購入することになった。

 実は、私は、過去に原付は乗ったことがある。2台めの車がダメになって、3台めの車を買った頃までのちょっとの期間。
その頃から、私も中型ぐらいのバイクの免許をとるかどうか迷っていたんだ。
バイクの方が駐車場代がかからないから有益なんだなぁ。。。


 でもだ。


 どうしても、車があきらめきれない。
 要するにだ、車で無線をやりたい、ということなのだ。

 家内からも、なかちゃんは、車のほうがいいよ、って言われるんだな。でも、今回は、軽自動車ね、とまで釘をさされてだけどね。
先日、家内のバイクを見に行くついでに、軽自動車も見てきた。私は、まだ、どれにするかは具体的にはなっていないのだけれど、家内が、「Life」いいね、って勝手に決めてしまった。
 まぁ、決まってはいないのだけど、ホンダの場合には「Life」になるかも。

 でもね、車の場合には、やっぱり駐車場だよ。

 この辺では、安くても2万円台。平均2.5万円から3万円ぐらいなんだな。
そうすると、一年で、30万円以上、かかることになる。
このお金が、無駄に見えて仕方がないのね。

 これ以外に、車のローンと実際の維持費を考えると、月々の負担は大きい。

 そうなると、難しいのかな、やっぱり、とか。

そういう悶々とした日々を過ごしています。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-16 00:51 |

午前半休したときに行くお店

 五反田にある豚カツ屋さんが、私のお気に入りにの店だった。

 カウンターの左端に、ワイドな薄型TVが掛けてあって、必ず古い映画が上映されている。音は出さずに。
でも、雰囲気で音が出ていなくっても、映画の内容がわかるのだ。

 私は、その店を訪れるのは、ほぼ100%午前半休した日のお昼時間なのだ。みんなが食べに来る、ほんの少し前の時間を、ゆったりと楽しむのが好きだった。

私の定位置は、TVの真下。
カウンターのその左端に座って、料理が出てくるまでの間、TVを見て時間を過ごすのが好きだった。

 今日も午前半休したので、今日は、何を食べようかあれこれ考えながら店の前に着いたら、なんと、お店が変わっていた。

 ショックだった。

 もう、食欲が急になくなって、ぶつぶつ言いながら、川岸を歩きながら会社に向かった。

とっても、いい店だったのに、非常に残念です。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-01-12 23:38 | 日記