<   2010年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

喪中のため・・・

喪中のため、年末年始のご挨拶は失礼いたします

 今年は、いろんなことがありました、一言ではとても。。。

 でも、たくさんの人に支えられて、ここまで来る事ができました。

 ありがとうございます。



 年末年始と、かなり大規模な寒波が訪れるようです。

 元々寒い地域の方も、そうでない方も、十分にお気をつけください。

 皆様方にとって、良い年でありますよう、お祈りしております。


追伸)すでに送っていただいたmixiからの年賀状は、今年は、そういう訳ですので、次の機会に楽しみにいたします。すみませんが、よろしくお願いいたします。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-31 23:16 | 日記

一家に一台 修理屋 なかちゃん

 数日前から部屋の室内灯のスイッチがうまく動かずにいたのと、点きが良くなかったのと。

 この室内灯は、結婚前から使っていたもの。
実は、結婚して家具を持ち寄ったとき、全く同じ室内灯を使っていたという偶然がありましたが、その片方になります。

 夕べは家内とビックカメラに寄って新しい室内灯を見てきた。今度は天井にぴったりつくのがいいよね。。。
とか言いながら。だいたい購入したいものは決まったんだけど、私のどこかに、ちょっとだけ引っかかるものがある。

 分解してみたい。

 過去にも、学生時代に、やはり室内灯のSW(スイッチ)が壊れたという下宿の大家さんの依頼で、別なSWを取り付けたり、社会人になってからもLDプレイヤーの修理、CDドライブの修理をやったことがあるほか、愛用の扇風機も、何度もSWの接触部分のペーパーを取り除いたり、電源ケーブルを取り替えたりして、30年近くも大事に使ってきたという経緯がある。

 そこでまず、傘に降り積もった埃を、ティッシュペーパーを1枚にして、そこに霧吹きで水をかけ、下(ベッド)に埃が落ちないようにして取り除く。小さい埃が落ちないように傘だけを取り外し、お風呂場で洗浄。

蛍光灯をはずして、蛍光灯を止めているねじをはずすと、ふたを取り除いて、本体が見えてくる。

昔の蛍光灯は、部品のひとつひとつがばらばらになっていて、作業しやすかったんだけど、最近のは、一体型になっていて、修理はできそうもなかった。

 SWをかしゃかしゃ触っているうちに、あることに気がついた。
SW自体には問題がなさそう。

 そうなると、触れるのはグローランプとかだね。在庫を漁ったりして見つけて取り替える。蛍光灯を軽く拭いて埃をとる。もう一度組み立てなおした。

加えて、今回は、天井にぴったりくっつけたいという希望があったことを思い出した。
紐を、限りなく短く調整した。

 再度、取り付けてみた。

じゃぁーん。

 とても明るい光が部屋を満たしました。


 SWがおかしいと感じたのは、グローランプ等の問題で、注意深く紐を引っ張っていたために、SWがどこかにひっかかってしまったようだ。
まぁ、それでも、15年以上は使っている代物なので、近い将来、交換することにはなるだろう。

でも、今月は財布が厳しいので、1万円分ぐらいは浮いたかな。




 それはそうと、昨日あたりから、ゴミの分別を始めたりしていて、ちょっとだけ復活しそうな雰囲気です。
ゴミの分別、洗濯のときの洗い物の分別などは、私の復調の兆しなんです。
ここ何ヶ月もできないでいたので、年明けに向けて、ちょっといい傾向かもしれません。メンタルな面で。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-30 11:47 | 日記

今年かかった医療費

 いつも家族全員で掛かる医療費の合計は、10万円を越えたり越えなかったりで、確定申告のときには、申告して控除され還元される金額が、会社を休んで減る給料よりも小さいので、申告はほとんど家内にまかせっきりにしていた。

 今年も、例年通りとは思ったんだけど、領収書を入れている引き出しを整理しようとして計算したところ、自分の分だけで8万5千円ほどになった。すごい金額。

 ちなみに、病院に行く回数が私ほど多くはないけれど、1回の請求額が大きい家内と、子供たちの医療費を合わせたら、20万円ほどになった。

今年は確定申告しよう。

 入院した2006年を除けば、今年ほど医療費がかかった年はないだろうなぁ。

 石で痛くて病院に行くと、大抵、検査でレントゲンや、CT、MRIとかで、1万円近い金額がかかる。でも、薬代はそれほどでもない。

割合としては、糖尿病:石:歯 で、6:3:1 か、5:4:1 ぐらいだと思う。

 糖尿病の薬にかかる費用が一番大きいかなって思います。


 糖尿病は、いつも同じなので、それが理由で会社を休む事にはならないけれど、石は、やる気を失くさせるので、給与に響く。医療費がかかる上に収入が少なくなることを考えると、やはり、石のインパクトは大きいなぁ。

ということで。。。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-30 09:59 | 病気・介護

「産後の肥立ちがわるい」といいますが

 その意味をあまりよく理解せずにおりました。自分には経験できない言葉たちだから。
それが、9月の葬儀後のこの現在の状況で、あれがこれと同じ状態なんだと気がついた。

 左右の腰の痒いような微妙な痛みがずーっと続いているので、仕事で歩いていても、腰が定まらないために、とても疲れるしだるくなる。腰にホカロンを貼り付けて温めるといいときもあるので、今年のホカロン消費量は多い。逆に、貼ると痛みが増す場合もあって、そのタイミングは難しい。

 こんな状況だから、通勤電車が苦痛以外の何ものでもなく、つい1時間ずらしたりしてしまう。仕事は探せばまだまだ社内にたくさんあるので、行けばやる事はある。でも、12月は、土日祝祭日以外に4日も休んだり、早退もあった。残業がほとんど無かったので、前月と比べると10万円も給料が少なくなるはず。

 愚痴になってしまうけど。。。

 もう、病院に行っても、「出るまではね」って言われたり、「(貧血で)倒れてから来なさい」といわんばかりだし、画期的な薬が登場するわけでもなく、なかなか肥立ちにはつながりそうにない。
もともと未熟児で生まれてきたし、まだまだ発症していない病気のストックもある。前途多難だなぁ。

 人から会うたびに「大丈夫?」って聞かれる。読者なのだな、とありがたく思う反面、「大丈夫」とはまだまだ言える状況にない。

 ゆうべ、Skypeで「(病気のために)生きることが仕事」のような親友から「よく生きているね」と言われた。「お前に言われたくないよ」と言ったものの、強くは言い返せなかった。

 ひとつだけね、年明けに試してみたい光がある。これは主治医と相談した後の話だけど。もしかしたら「産後の肥立ち」が良くなるきっかけになるかもしれない。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-29 11:25 | 病気・介護

プロ ~看護婦さん編~

 大学病院に電話したときの泌尿器科の看護婦さん(看1)。

なか:予約無しで、こんな状態で、これから行きたいんですけど。1時間以上かかるんですけど。たぶん。
看1:(超迷惑そうに)えー。これからですかぁ。

 まぁ、外来の先生が1人しかいなくて、時間外になりそうなのはネットで知っていたから、気持ちもわからないでもないけれど。

看1:(ぐだぐだぐだぐだ)待つ事になるけど、いいですよ。(ぐだぐだぐだぐだ)

 ここの大学病院は、決して、来るなとは言わないところなのは知っているんだけどね。


で、大学病院にヘロヘロになりながらやっとこさたどりついた泌尿器科の受付で待っていたのは、閻魔女王のような怖い顔した婦長さんタイプの看護婦さん。

   「何しにきたの」とにらみつけるような雰囲気で。。。

女王:なに?
なか:(診察券を出しながら)1時間ほど前に電話したなかちゃんですけど。
女王:(何それ、知らない、みたいなそぶり)

   ここで割り込みが・・・

女性:終わったんですけど。
女王:何が終わったの?(ぶちきれそうにぶっきらぼうに)
      :
女王:診察?
なか:(はーはー言いながら)え~。
女王:予約でないの?
なか:(息も絶え絶えに)急だったので。
女王:あっそー。じゃぁ、6△番ね。ちょっと待っててね。
      :
   かと思うと・・・

男性:この薬なんですけど・・・ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ
女王:まず、診察券出してよ。(ぶちきれそうに)
      :

 怖いなぁ、というのが第一印象。でも、言葉足らずの患者に、わからないことはわからん、と聞くのは別に悪い事ではないなぁ、とかね。

   そうかと思うと・・・

看2:これぇ、入院用の申込書なんですけどぉ、以前の情報と同じだと思うので、予め書き写しておきましたぁ。(と笑顔で優しく)
男2:あー、ありがとう。助かります。

   これぞ、看護婦の鑑(かがみ)とか、思いました。

      :
女王:これぇ検査ね。尿とレントゲンね。
なか:(ふらふらよろよろ)はい。
      :
なか:(レントゲンの結果を提出)
女王:んーん。
      :
女王:ちょっとこっちきて。
女王:ちょっとここに横になって。
女王:ちょっと検査するからお腹出して。

なか:さっきの尿検査で石が出たんです。
女王:(閻魔から満面の笑みで)そう、よかったねぇ。解決だねぇ。
なか:いいえ、まだ在庫が。売るくらい残っていて。
女王:あら。
      :
   ここで診察
      :
なか:お世話様でしたぁ。
女王:(事務的に)お大事にぃ。

   受付を離れてしばらくしてから、ふと思い出したように・・・

女王:(大声で遠くから)レントゲンどうだって?
なか:(受付に戻りながら)まだいっぱいあるってぇ言われましたぁ。
女王:(超優しく)そう。大変ねぇ。お大事にねぇ。

 いろんな看護婦さんいますけど、つい、余裕が無くても観察してしまいます。

看1さんは、往生際が悪いと思いました。どうせ受け入れなくてはならないんだからね。
看2さんは、ごく普通の看護婦さんでしたけど、果たして情報を予め書き込んでおくのはどうかと思いました。
女王は、最初の印象は悪かった。つまり、もうちょっと愛想が良くてもいいんではないのか、と思ったんですが、でも、一番プロフェッショナルだったのは、この閻魔女王さんだったかな、と思いました。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-27 21:13 | 病気・介護

とりあえず駅まで。。。会社まで。。。病院までもてば

 今朝はいつも通りに起床してトイレに行ったが、なんかいつもよりも量が少ないかな、と思ったぐらいだった。

 中央線に乗ってしばらくしたとき、ちくちくする痛みが出てきて、トイレに行きたくなった。混雑していて、一旦奥まで入ってしまうと、なかなか降りるのは難しくなる。痛みがどんどん強くなってきた。そのうち、寒さも手伝って、具合が悪くなっていった。
三鷹で降りるか、吉祥寺で降りるか。。。中野にするか、とか考えているうちに新宿についた。

 ここで乗り換えるのだが、埼京線ホームに行く途中で、とうとう動けなくなってしまった。薬を取り出して、痛み止めと石用の薬を飲んで飴玉を舐めながら何本かの電車を見送り、とりあえず、ひと駅ひと駅と思いながら乗った。年末だから休めない。その思いだけだった。なんとか、会社のある大崎駅に到着。痛み止めが効いたのか、急に楽になっていく。
ここで安心してしまってはいけないと思いなおし、人並みに追い越されながら、会社までなんとかたどり着いた。

 仕事を始めて、1時間ほどたってトイレに行った。

 でない。

 痛みとあせりで不安になっていく。思い切って、お茶のがぶ飲み。また1時間後、トイレへ。

 でない。

 痛みもそうだし、ふらふらしてきた。やばい。病院に行かないと。

 会社のそばに大きな病院があるかネット検索するもわからないし、最初から説明とか検査とかの手順が嫌なので、いつもの大学病院へ。事前に電話すると、「これから、予約なしでくるのぉ」という露骨に嫌な風な看護婦さんの声。断られると思ったものの、待ってもいいのならどうぞ、との声に藁をもすがる気持ちで向かった。

尿検査中に、紙コップの中に石が出て、おしっこの勢いがいつもどおりになった。まだまだ痛みがあるものの安心した。石が入っているはずだから、と言って、レントゲンへ。
しばらくして、お医者さんに呼ばれていくと。

 石出たみたいだね。よかったね。
         ・・・成分検査したよね。

 膀胱に石がたどり着いているね。
         ・・・今出したばかりなのに、もう。

 まだまだ石があるから、しばらくは、この状態だね。
         ・・・3ヶ月も続いているのよ

 続く人は続くみたいだよ。

 貧血と言っても輸血するぐらいにはまだ。
         ・・・倒れたら来いってかぁ。

 血がドバーってね、出るぐらいでないと。
         ・・・前回の検査の時はそうだったのに、ちゃんと見てくれなかったじゃん。

 どれどれ(目を覗き込んで)、このぐらいは、貧血とは言わない。
         ・・・そういうことではなくって、現につらいんだからさ。

 だから、薬は無しね。
         ・・・いや、貧血が・・・

 じゃぁさ、粘膜を守る薬を出そう。
         ・・・もう出たのは知らないから、血が出ないようにするってことか。

 3日ぶんね。
         ・・・しばらく続くって言ったばかりなのにたった3日分なの

ということで、薬だけ処方されて、点滴するでもなく帰宅しました。

まぁ、会社の近くの町医者に行かなくってよかった、というところではありましたが。。。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-27 16:28 | 病気・介護

もう、あのまま終わりかと。。。

 昨夜、駅構内を歩いていると、ふと、周囲の人が縦に何重にも重なって見えてきて、そのうち、電気が急に消されたように、どんどん視界が暗く暗くなって行ったのです。

あれっ、何か変。

 ゆっくり、近くの柱を探しながら移動して、やっとのことでたどり着きました。

 柱にもたれかかっていたら、さっきの視界の状況はなくなって、普通の状態に戻りました。

 どこも痛くないし、気持ちが悪いわけではないのに、視界がおかしいこんな経験は、今までの人生の中でも初めてでした。

でも、あのまま、立っていたら、きっと、倒れていただろうな。

暗くなっていく視界の中で、あー、このままあの世に行くのかな、ってね、思いました。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-25 14:30 | 病気・介護

ひどい顔 頭(あたま)変

体調不良の私を、家内が玄関で送り出す時の一言ですが、当然、顔がひどい訳ではなく、体調が悪そうな顔だよ、と教えてくれているのだが。落ち着いて聞くと、ひどい言われ方をしていることに気がつく。

頭変は、通常、髪形がひどいの意味。狂っているわけではありません。ひどい頭や、変な頭も同じです。

変な顔は、部品の配置が悪い訳ではなく、片目だけが大きく見えるとか、顔色が悪いとか、そういう意味。

さて、今朝も体調不良で1時間遅れで出社ですが、遅れ連絡はメールで行います。
過去のメールをコピーしてメールを作ろうとして気がついた。タイトルの日付が12月28日になっていた。これはいつのメールだろうか。今日は24日だから、少なくとも未来日付で連絡している。

やっぱり、頭(あたま)変かも。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-24 09:03 | 日記

何言ってんの

ここんところ、週末は自宅から出られずに横になっている事が多い。

「これだとなかちゃん、病人になっちゃう」

て言っら、家族みんなからツッコミが。

何言ってるの、もうすでに病人だよ!

そうかも。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-20 00:36 | 日記

いくら出るまでと言われても

血尿がこんなにも長く続くものなんだろうか。

約2ヶ月ほど続いて、3ヶ月めに入ろうとしているんだけど。

でも、医者はみな一様に、石が出るまでは、仕方がないと言うんだよね。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-12-19 03:34 | 日記