<   2008年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

腐ったカビたキッチン

道端で出会った人が、たまたま同郷だとわかり、いろいろとお話しをしているうちに場面は見慣れた部屋の中に。

家具もなく、だだっ広い床の上に座って何やらやっている自分。キッチンの引き出しを引くと、カビだらけの引き出しだった。下の引き出しを引くと、腐った何かが出てきた。

でも、そうであることを知っているかのように、ただ黙々と手を動かして引き出しも食器もピカピカに磨いていく。
ただ黙々とただ黙々と。
人の気配に気がついて、ふと顔を上げると、そこには、柔らかい表情のいつもの母がいた。ちょっとだけ、申し訳なさそうに笑って座って。でも、私の手は休まずに動いている。それが当たり前かのように。

いいんだよ、いいんだよ。




こんな夢を見た。


もう2日も経っているのに、鮮明に覚えている。悲しく切ないそれでいて、ちょっと温かい。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-30 21:42 | 夢の話

MAY-KA企画 in ばくだん畑

 昨夜(あけたからね)、ばくだん畑で、アコギ(アコースティックギター)ライブが行われた。

 今回の出演者は、MAY-KA、ジョイントスリー、JunkStarNote + 三味線アーチスト(ごめんなさい、お名前がわからない~)の4組。

 初めの、三味線さんは、本格的な三味線をエレキ改造したもので、本格的な津軽三味線を披露してくれた、広島出身の方。
f0187499_0115494.jpg
目を閉じて情熱的に奏でる三味線が素晴らしかった。琵琶法師を思い出させる方でした。


 2番手は、JunkStarNoteさん。ボーカル(写真)とギターの2名構成。練習不足だったんでしょうか。次回を期待します。
f0187499_014382.jpg



 3番手は、もうおなじみのジョイント3(スリー)さん。

 左から、
f0187499_015852.jpg
ベースソロ、格好良かった。口での突っ込みは、相変わらず絶妙のタイミングのKATSさん。

f0187499_0163999.jpg
今回の写真はタケさんの「素」の表情のものを探し出して載せました。

f0187499_0175651.jpg
シンさんのはじける笑顔はいつも心和む素敵な笑顔です。


 4番手は、最近、ゴールインしたMAY-KAさん。
f0187499_0191484.jpg
さらに磨きがかかった演奏を披露してくれるハラハラさん。
f0187499_020159.jpg
今回は、さらに乗っておりました。まいっちゃさんの歌に酔いしれているハラハラさんのギター演奏に、今度はまいっちゃさんも乗っているようで、素晴らしかったです。


最後に、お二人にって、ファンの方からのプレゼント。
f0187499_0215839.jpg
心なしか、ハラハラさんに良く似たウサギのLOVEちゃんでした。

次回は11/22です。楽しみです。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-29 00:24 | 音楽

前のブログに負けてる?

 先日まで更新していた「なかちゃんワールド」のブログへのアクセス数の方が、ここより多いのはなぜ? 負けているのかなぁ。記事の投稿がないのに。。。。

 ご来場くださる方々も、まだまだ日々30人を超えています。

 自分のブログなのに。。。。なんか、悔しい。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-28 00:10 | 日記

どんどん さびしくなっていく

 今日、愛車から無線の一切合財(いっさいがっさい)を取り外しました。

 どんどん、さびしくなっていきます。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-27 17:09 |

昨日買ったバナナは青かった

最近、朝バナナでダイエットが流行っており、我が家でも家族でやっておりますが、昨夜買ったバナナは青かったんですね。
理由は今日のニュースに出てました。連日の報道でバナナが品薄状態になっている。昨日のバナナは輸入されてすぐに市場に出たものだったんですね。

昔、仕事した大井埠頭では、盛んに荷割りされているんだろうなぁ。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-26 12:45 | 病気・介護

そういえば

 JA1TOEのコールサインで、HFから430MHzまで出られるようになりました。(免許が下りました)。なので、これからは、このコールサインでいきます。











 JH7HHN。そのコールサインは忘れない。34年間、ありがとう。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-25 23:53 | 無線

SMAP in DOME

 2年ぶりのSMAPコンサートを見に、初めて東京ドームに入った。

 おとといの22km歩破の疲れを吹き飛ばすぐらい楽しかった。

 今回は3塁側のホームランポールの傍。

 前回の国立競技場のときは国旗のポール傍で、SMAPならぬゴマップだったけれど、今回は少なくとも、肉眼で顔は見えたし、一番近くまで生声まで届く距離のも見えてよかった。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-25 23:43 | 日記

帰宅困難者対応訓練 ~いろんな人がいた~

 小学生未満から80代の方まで、いろんな人がさまざまな格好で参加したようです。

 東京コースでは、80代のおじいちゃんが自転車を曳きながら参加。スタート時、周囲の人が「自転車はダメだよ、今日は歩くんだから」って注意していて、自分も同意見だった。でもおじいちゃん意に介さず、自転車を曳きながら参加した。後で、聞いた話だが、そのおじいちゃんは、自転車というつっかえ棒がないと歩けないらしい。私より早くゴールインしました。
ちょっと気になったのは、その自転車をスタート地点までどうやって運んだのか、っていう事でした。気にしすぎでしょうか。

 スーツ姿で参加したご年配の方。おそらく奥さん(またはお嬢さん)が脇に小さなリュックを背負って一緒に歩かれていた。私も最初は通勤時の服装と装備で歩こうと思っていたので、そういう考えで歩く人もいるんだって、感心しました。その方々には、途中で抜かれました。軽装の勝ちっていうところでしょうか。

 △布市では有名だという方から声をかけられました。私もアンテナをビヨーんって上げていてとても目立つ存在でしたので、きっと、お仲間だと思われたんでしょう。話したいことを一通り話したからでしょうか、その方は、去っていきました。途中何回かお目にかかりましたが、最終的には、私よりも遅れてゴールインされました。
この方の素晴らしいところは、歩道を幅広に歩いている方々に、後ろからの自転車を注意していたこと。小さなメガホンを持って、細々(こまごま)と注意していました。気持ちはとってもわかりました。えらいなぁって感心しました。

 途中途中で立ち止まったりAS(エイドステーション)で固まって喫煙をされている人たちもいました。まぁ、個人の自由なんですが、タバコの煙まみれの方々の周囲にはいたくありませんで、終始避けるようにしておりました。災害時にも、この方達は喫煙するんでしょうか。新たな火種にならなければいいな、とか、ガス漏れのところでは、一瞬にして火達磨になるかな、とか、いろいろと考えさせられました。

 一番にゴールされた方は、平均時速6kmで飛ばしたことになります。並外れた運動神経の持ち主とお見受けしましたが、果たして、災害時にもそうするんでしょうか。ちょっと違うかな、まぁ、いろんな人がいますね。

 私が苦しいときに、ずっと追い越したり越されたりしていた方がいました。ラジオをがんがんかけながら歩いていた方でした。災害時には有効なのかもしれませんが、音量がねぇ。。。スタート時に電池を入れて、どこまで使えるかという耐久試験かもしれないと、途中から強引に思い込んで歩きました。途中何度も追い抜きました。でも、その方には追い抜かれた記憶がありません。7回は抜いているのに。きっとASで抜かれているんでしょう。残念ながらこの方は、私のペースメーカーにはなりませんでした。むしろ、抜くたびに私のペースが狂うので、アンチペースメーカーになってしまった方でした。
この方の素晴らしいところは、マスクでした。確かに、マスクは有効かも。そこにはさすがに思いあたりませんでした。

 小さいお子様も参加され、ゴールインしていました。大きな地震、いや、自信につながることでしょう。途中、もし、おんぶや抱っこをしていたら、親が持ちませんので、おそらく自分の足で歩いたものと想像いたします。

 私のように一人で黙々と歩いている方も何人もみました。同じペースで歩いていました。1kmぐらい歩いて10mぐらいずつ、徐々に離されていくんですが、どうしても追いつけませんでした。

 初めのおじいちゃん。後で思ったのですが、いろんな歩き方をしてもいいじゃんってね。別に競争でもないし、むしろ自分への挑戦かもしれないと思いました。

じいちゃん、天晴(あっぱ)れ。 
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-24 19:24 | 災害・ボランティア

帰宅困難者対応訓練 ~無線的には~

今回の訓練のもう1つの目的であった、歩きながらの無線の方は、あまり良い結果にはなりませんでした。

 装備は・・・

 無線機VX-7、無線機VX-3、アンテナ144MHz用1/2λホイップ、アンテナフレキシブルホイップ、ヘッドセット×2、同軸ケーブル、アマチュア無線免許証・免許状、メモノート、ペン、
無線機VX-7取扱説明書、アンテナ430MHz用ホイップ、アンテナVX-7用ホイップ、アンテナVX-3用ホイップ。

 日比谷公園を出発したときの格好は、リュックサイドから突き出した長さが1mほどのホイップアンテナ。基台部分が太いばねになっているため、固定が難しく、歩行の度に前後に大きく揺れてしまう。このことが、周囲にも顰蹙(ひんしゅく)であっただろうこと。あまりにも目立つことになってしまって、そのまま歩いた数kmは、開き直ってはいたもののかなり恥ずかしかった。

 飛びは良かったですよ、だって、144MHzの1/2λ(約1m)ですからね。KENTさんの首都高6号線との交信は、運がよかったことや、こちらの標高が高かったこともありますが、あのアンテナでなければ難しかったと思います。ただ、ともかくでかいんだなぁ、これが。

 結局、途中で、144MHz、430MHz用のフレキシブルアンテナに交換。
当初、あちらこちらでCQを出しながら歩こうと思いましたが、最初は人数も多く固まって歩いていたので、なかなかCQを出せません。また、無線機の収納場所の関係で、簡単に周波数変更ができなかったため、CQを出してサブ⇔メインの切り替えが難しかったこともあります。

 環八と甲州街道の交差点付近で、無線機の不具合に気がついた。無線機は片側交互通行なので、送信中には受信ができないはず。なのに、送信ボタンを押しているにも関わらず、受信もできてしまう。あれー、これはおかしい。いろいろとケーブルをいじってみるものの、よくわからない。ヘッドセットを換えてみても変わらない。これはダメかな。
あきらめて、VX-7からVX-3に取り替えた。今度はOK。ヘッドセットは大丈夫みたい。

 環八を越えた後から、頻繁に、ゴール地点の仲間を呼び出す。やはり、まだ遠いのと、高速道路などの高い建物が多いからなのだろうか。と、ゴールからの声が聞こえた。レポートは51。かろうじて聞こえる。でも、こちらからの呼びかけに対しての応答はない。やはり、出力が弱いからかな。

 通信ができるようになったのは、ゴール手前6km付近から。若干高いところに出てからだった。アンテナを車用にして、歩かずに立ち止まって呼んだらできたかもしれません。もっと手前でね。車でも、走りながらだとアンテナがぶれるので、シグナルが弱くなってしまう。歩きだと、もっと小幅な振動でよくないみたいです。

 これは、もっと研究の余地あり。それから、もっとこのような場での参加局が多かったらよかっただろうと思う。お互いの情報交換なんかは災害時には絶対に役立つはず。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-24 19:02 | 災害・ボランティア

帰宅困難者対応訓練 ~何を食べて歩いたか~

 朝食は、バナナ1本(我が家は朝バナナ)、20分時間を置いた後、梅干お握りを1個食べ、紅茶を飲んで07:25に出発しました。

 ・途中で、水350mlをGET。

 ・08:40現地到着。

 ・09:50スタート。

 ・歩いてすぐにのど飴を1個舐める。

 ・①上智大学ASは、写真のみ撮って素通り。

 ・水を少しずつ、口に含ませながら、歩いた。

 ・②四ツ谷出張所ASで水をコップ一杯いただく。ここでトイレ。

 ・だんだん、水がまずくなる(と感じる)。
  そうだ、梅干を持ってきたっけ。ということで、梅干1個を食べる。
  種はしばらく舐めていた。

 ・山手通りと甲州街道の交差点付近で、歩きながらカロリーメイト1袋を食べる。
  カロリーメイトと梅干の種で口の中がわけがわからなくなり・・・。

 ・③カシオ本社ASでお茶をコップ一杯いただく。11:45到着。

 ・④明治大学和泉校舎AS手前で突然空腹を感じる。

 ・④明治大学和泉校舎ASで水を一杯いただくとともに、炊き込みご飯をいただく。
  量としたら、普通のお茶碗で2杯分ぐらいでしょうか。ぎっしりと詰まってました。
  そのほかに秋刀魚の蒲焼缶詰がありましたが、到着時点では、空腹すぎて
  食べれない状態で、炊き込みご飯のみいただきました。
  途中、食べれず、残しそうになったのですが、ここで、無理やり梅干を食べながら
  突っ込みました。
  12:35到着、12:55出発。

 ・⑤NTT上北沢周辺ASに倒れこむように到着。13:25。
  ここで、水をいただく。
  ブルーシートに座って休みながらウイダーエネルギーを1個食べる。
  ここまでで、水の消費は350mlのペットボトル2/3消費。

 ・もう水は嫌だ、まずい。ほしくない。

 ・⑥テルウェル東日本AS。ここでも水、お茶。でも、水は見るのも嫌になっていた。
  水が残り少ないのが見えたのか、スタッフはしきりに水の補給を勧めてきたが、
  「水はいらない」と答えた。

 ・しばらく行くと、ガソリンスタンドに支援の幟(のぼり)があがっていた。
  ここで、トイレ休憩。
  利用後、「ありがとうございます。お世話様でした」というと、店員さんが、親切に
  この先の情報を教えてくれた。こういうことはとてもありがたい。

 ・ここを出てすぐ、水を全消費。

 ・この後、実は、水がない状態で約1kmを歩く。
  途中に自動販売機はあるものの、自分にとって、今一番欲しい、ポカリスエット系の
  飲み物が置いていない。
  それが欲しい。ただただ、それを考えて、500円玉を握り締めながら歩いた。

 ・やっと、購入。のどを潤すことができた。

 ・⑦栄太桜AS。14:40。ここでは水をいただくが、すぐに出発。

 ・⑧調布郵便局ASまでの間、これといって何もないところを見ると、水分補給は
  十分だったんだと思う。ただ、吐き気があった。

 ・⑧調布郵便局ASに到着。15:10。
  お茶をいただいて、椅子に腰掛けてしばらく休憩。

 ・やっとゴール。15:35。
  仲間のスタッフに出迎えられた。
  お汁粉を勧められたが、のどを通る状態ではない。それでも少しずつ食べた。
  ここで、休憩しながら、残りのポカリ系飲料水は飲み終わった。
 
 ・仲間が後片付けをしている間、またのどが渇いてきた。

 ・片付け終了。この後、仲間の車で自宅まで送っていただいた。とっても、助かった。
  途中、マクドでバニラシェイクを食べる。

 ・自宅到着。18時過ぎ?かなぁ。
  冷蔵庫から梨を切り置きしていたものを食べる。
  あー欲しかったのはこれだったのかも知れない。結局1個分食べて、満足。

 ・トイレにも行かずに、寝てしまった。

 ・2時間ほど寝て、物音で目が覚める。
  お風呂に入って、足の筋肉を揉み解し、ブログを書いて、
  ちょっとチョコレートを食べて、でも夕飯は食べずに布団に入った。

  ・・・翌日は休暇にしてある。







 さて、振り返ってみると、水分補給はマメにできる体制にはあるのだが、途中で、ポカリ系の飲料水が欲しくなってきている。もし、ASに水やお茶だけではなく、そういうものもあったらよかったのに、と思った。特にお茶は、利尿作用があるので、どうかと思う。また、梨などの水分を多く含んだ果物の提供もあったら、うれしいのではないか。少なくとも、自宅に帰って食べた梨は、今まで以上においしかった。

 また、糖分をあまり摂っていないことにお気づきと思う。
実は、私軽微な糖尿病。普段、糖分を分解するのを時間的に押さえる薬を服用しています。このため、いざというときには、砂糖の飴が有効ではないのです。はっきり言えば効かない。では何が良いのか、それは成分表示に「ブドウ糖」と書かれた食べ物です。例えば、ウイダインぜりーですね。ほかにも飲料水で入っているものもあります。

でも、龍角散のど飴も持っているではないの? って言われるかもしれませんが、これは、私が具合が悪くなったときに、必ず効く飴なんです。糖尿病とは関係がないところの話です。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-24 11:43 | 災害・ボランティア