カテゴリ:音楽( 10 )

久しぶり オキスさんライブ

 昨夜は、1年半以上ぶりに、タケ・オキスさんのライブを聴きに行ってきました。

 場所は、代官山シンプルボイス。
 ステージはこんな感じ。
f0187499_18564073.jpg


 「金は天下の回りもの」という言葉がありますが、今回のタケさんと(少なくとも)私との関係は、

 「言葉は天下の回りもの」の感がありました。

 始る5分前で客は私ら夫婦の2人しかいなくって、どうするんだろう、って思っていたら、さらに、何人かがパラパラと入ってきました。

そして始った演奏。
f0187499_19234112.jpg


主だった曲は、いつもiPodで聴いているんだけれど、やはり、直接体にビリビリ響いてくるのは圧巻でした。

 セットリスト

  1.花
  2.どうにかなるけ ・・・曲名自信なし
  3.ようきたね
  4.マテリアル・スピリチュアル
  5.マリンスノー

 2曲めのこの曲は、初めて聴く曲でしたけど、今のもう八方ふさがりで行き詰った状態の私には、もう、涙がでるほど元気づけられる曲でした。

で、ふと思い出した。。。

 なんかこの歌詞に聞き覚えがあった。広島弁ではないけれど、その言い方に記憶があった。

 これは、自分がオキスさんに言った言葉だったかも。

 オキスさんと出会った頃に、私が気落ちしているオキスさんを応援するために言った言葉だったかも。

 ライブの後で、一緒に食事したんだけど、やはり、それを歌にした、と聞いた。

 あー、私は、自分が言った言葉に、今、救われたのかも。回りまわって。

 もうね、涙が止まりませんでした。


 3曲目。

  昨夜、オキスさんには私も聴きに行くとは言っていなかったので、ライブ会場でステージに上がって初めてオキスさんが気がついたみたいだった。顔の表情がどんどん変わっていった。
f0187499_1928255.jpg



そしてこの曲。「ようきたね」

 もう、旧友に会いに行って、その歌詞どおりに、部屋に上がって、酒を飲んで、他愛もないおしゃべりをして、という、そんな雰囲気の中に引き込まれていった。

 4曲目。マテリアル・スピリチュアル

             :
  あなたにはあなたにふさわしいものがある
  あなたにはあなたに似合うものがある
  あなたにはあなたに必要なものがある
  あなたにはあなたにできることがある
             :

  オキスさんは、先日、被災地でボランティア活動をしてきました。そういう行動力のある、オキスさんからのメッセージなんですよね、この曲は。

 5曲目。

  マリンスノー

   すべてを焦がす程の炎が恋ならば
   愛はうねりをあげる 海の底みたいだ

   深く 深く潜り込むと 光が届かぬ場所まで
   いつかは どちらか先に そこまで行くのかな?

   すべてを捧げて 誓ったあの日から
   交わした約束「死が2人を別つまで」

   浮かぶ 浮かぶ涙の別れと 悲しみの時
   いつかは どちらか先に その時が来るのかな?

   貴女が微笑むと 不安が落ちていくよ
   貴女を抱きしめて 震えを落としていくよ
   海の底 積もる雪のように
   あぁ、貴女が愛しい

   深く 深く潜り込むと 光が届かぬ場所まで
   いつかは どちらか先に そこまで行くのかな?

   貴女が微笑むと 不安が落ちていくよ
   貴女を抱きしめて 震えを落としていく
   貴女が見つめると 迷いが落ちていくよ
   貴女と共に 今 孤独を落としていくよ
   海の底 積もる雪のように
   あぁ、貴女が愛しい


 つい引用させていただきましたが、私も女房に対する思いは同じなんですよ。

   貴女が微笑むと 不安が落ちていくよ
   貴女を抱きしめて 震えを落としていく
   貴女が見つめると 迷いが落ちていくよ
   貴女と共に 今 孤独を落としていくよ
   海の底 積もる雪のように
   あぁ、貴女が愛しい

 うちの場合は女房が年下なのにね。


 今回も、歌詞がずしんと、こころに響いてきました。
f0187499_19443364.jpg


 で、私はタケさんとは「ハグ」できる間柄なんですが、実は、今回はできずに、奥さんと「ハグ」してきました(笑)。みんな、ごめん。

 いいライブでした。

 タケさん、ありがとう。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-27 19:51 | 音楽

アコギライブ in立川

今日は久しぶりに

 先週末の土曜日に立川の「ばくだん畑」にて、恒例のアコースティックギターライブMay-ka企画が行われました。

 出演者は、タケ・オキスさん率いるJoint・Treeさん、ゲンキさんこと双葉カタルさん、もう常連になってしまった和田多門さん、そして企画者のMay-kaさん。また、お手伝いで、兄弟グループユイさん、IDEALのかおりさん。

 最初は、Joint・Tree。
f0187499_193655100.jpg

 左から、ユイさんのお兄ちゃんのイガさん。その奥に、かすかに見えるのが特別出演の和田多門さん。バックコーラスのMay-kaさんのまいっちゃさん、ボーカルのタケさん、パーカスのしんさん、そしてその〇〇のバックコーラスのあれっ? 名前なんだっけ、ごめん。そして最後に、右端にはMay-kaのはらはらさん。
全出演者のほとんどが、最初からステージに立ってしまっていました。

 個人的には、歌い手が多かったので、タケさんの歌が聴ける回数が減ったのは残念でした。また、ステージ上が、とっても楽しそうなんですけどね。客席が・・・ねぇ。

 二番手は、ゲンキさんこと双葉カタルさん。
f0187499_19373895.jpg

洗練されたギターと歌声で今回もじっくりと聴かせていただきました。
前回と比べると、編曲がおちついてきて、安心して聴けました。

f0187499_19375992.jpg

 後半、一緒に組んでいるIDEALのかおりさんが登場した。かおりさんは舞台もやっている方なので、声量は申し分ない。当然、歌も上手なのね。ただ、ちょっと、ゲンキさんとのつりあいが取れなかったかな。ここは、PAさんの腕の問題なのか、なんなのかはわからないけど、まことにもったいないところではありました。May-kaさんたちみたいに、ボーカルをかおりさんにして、ゲンキさんは、ギター専門というのもありかもね。ゲンキさんはフォローが上手だからね。

f0187499_19381850.jpg

 三番手は、もう、歌もギターの技術も申し分ない和田多門さん。聴かせていただきましたよ、今回も。
今回、ちょっと残念だったのは、全体の音が、もわーん、ってなってしまったところかな、PAさん。

 和田さん自身が言われていますが、聴けば聴くほど味が出る歌ではあります。でも、他にもいい曲をいっぱいお持ちとのこと、是非、次回は、そういった曲も聴かせていただければ、って思いました。
後半、ユイのお兄ちゃんのイガさんがピアノで登場。

f0187499_19383761.jpg

 最後は、May-kaさん。
 初めの頃と比べると、格段に安定してきましたね。結婚してからは特にねぇ。
後半は、ユイさんが出てきて、1曲披露してくださいました。
個性っていうんでしょうかね、あれは。まぁ、もっと自然に(立川に合った風に)歌っていただければ良かったですね。ちょっとね、インパクトでか過ぎでしたかね。
 May-kaさんは、なんでしょうかね。MCが良くなってきたかな。今後も期待しちゃいますね。

今回は4組でしたので、ちょっと長かったかな、途中、舟を漕いでしまいました。

次回は、12月。もうクリスマスだよ。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-11-12 19:39 | 音楽

May-Ka企画 2周年

 7/18夜に、立川のばくだん畑にて、恒例のアコースティックギターの「May-Ka企画」ライブが行われました。
 今回は、2周年ということもあって、出演した4組が入り乱れる、という形で行われました。

まずは、ゲンキさんこと、双葉カタルさん。
f0187499_20122565.jpg
今回は、ジョイントスリーのSHIN-1さんを従えてのステージ。


パーカッションが入ると、またまたおつなものでした。
最後に私のブログの紹介をしていただき、私の大好きな「横浜」という曲を歌ってくださいました。

2年前のゲンキさんと比べると、かなり落ち着いて。。。なんていうのかな、挑戦しているなぁ、ってね、思いました。1年後がまた楽しみです。(もちろんその前にも聴くチャンスはあるのだけれど)

2番手は、タケ・オキスさん率いる、ジョイント・【ツリー】。
f0187499_20172328.jpg
ほとんど出演者全員参加型になりました。最後の方で、観客席から、タケ・オキスさんのマードのメンバーであるMAMOさんが、腰痛をおしてギターを弾いて参戦してくれました。


タケさんが入るとね、どういう状況でも、ビシってきまるのよ。それが、この人のすごいところかな。

3番手は、和田多門さん。キーボードの五十嵐さんを率いて。。。
この五十嵐さんは、その辺に腰掛けて、赤鉛筆持って新聞を読んでいるおじさん風な人なんですが、なかなかの猛者で、誰かが「あっ、トトロが」とか、「魔女の宅急便が」とか言おうものなら、その場で即興で、弾いてくれる。すばらしい。
f0187499_20241764.jpg
いい人たちに、恵まれている多門さんでした。
多門さんの曲をタケさんが歌う場面がありましたが、始め、手持ちぶたさんでしたね。やりづらいんでしょうか。


4番手は企画者のMay-Kaさん。相変わらずのMCですが、なぜかほほえましい。
f0187499_20303758.jpg

最初にMay-Kaさんの曲を和田さんが歌いましたが、キーが難しいのかなぁ、なんか和田多門さんの実力が発揮されなかったんではないかと思いました。


 きっと、出演者の方々は楽しかったと思います。緊張もするだろうしね。
私は、珍しく飲んでしまったせいでしょうか。出演者が入り乱れて、落ち着かなかったんですよね。
やはり皆のオリジナルをいっぱい聴きたかったですね。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-07-20 20:38 | 音楽

marbledoorストリートライブin立川北口

 本日(6/28)、14時から17時半ごろまで、モノレール立川北駅下の立川北口のペデストリアンデッキにて、marbledoorのストリートライブが行われました。

 初めの1時間ほどは、伊勢丹サイドJR駅寄りに陣取って始まりましたが、ちょうど傘を開く場所になってしまって、人の流れが悪く、少し奥の方に移動しました。でもやはり、人は流れても立ち止まる人が現れませんでした。

 で、再度移動、今度は、高島屋と伊勢丹との連絡通路に近い、やはりモノレール立川北駅下。

 今度は、少しずつ人が立ち寄るようになりました。
 特徴としては、私ぐらいの年齢の人が昔を懐かしんで足を止めたり、年配の女性からの受けも良かったですが、何より驚いたのは、小さな女の子が足を止めて、その場から動こうとしない、ということでした。ご両親が、いくら連れ出そうとしても、頑として動かず、1時間近くもその場に立ち続けた女の子もいました。終いには踊りだす始末で、でも、それがなぜそんなふうになるのかは、まったくわかりませんでした。
そこを通過する人たちも、その様子が尋常でないことや、踊っている姿を見て、笑いながら通りすぎて言ったりで、和やかなうちにライブは終了しました。

 私も、ただ突っ立って見ていただけではなく、7/11夜に国立市の芸術小ホールで行われるライブのちらしを配らせていただきました。取りに来る人は稀でしたが、通過する人の目を見て、受け取りそうだとか、そうでないかとかを見て、受け取っていただけたときは、とてもうれしかった。
もう、順調に手渡しができたときは、音楽に合わせて、私もステップも軽やかに、口ずさみながら配っていました。楽しかったぁ。
しかも、立川に住んでいる私なので、手渡した後で、近くに住んでいるのか、とか、今度ライブをやるからとか、昔のことの話とかで盛り上がっておりました。本当に、私は人と話すのが好きなんだなぁ、って思いました。

 ライブは、同じ曲を何度も聴いたんですが、何回聴いても聴き飽きず、終わって帰るときでさえ、口ずさんでいました。もう、独り占めさ。

疲れたけれど、良かったぁ、心地よく帰宅しました。

また、立川でストリートライブやってね、今度は南口で。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-06-28 22:00 | 音楽

前座にしておくにはもったいないほどに。。。

 迫力ある演奏をしてくれました。MOSAさん。
f0187499_21402669.jpg


肝っ玉がでかい、というのか。
f0187499_21413160.jpg


ちっちゃいんですよ。見た目は。でも、ステージ上ではでかい、ですね。
1曲めで、みんなを引き付けた感がありましたね。すごいですな。

みんなからお褒めの言葉を頂いておりまして、もしかしたら、次回の出演があるかもしれません。
私も、もっと聴いてみたいって思いましたよ。

ただ、もっと他の演奏者のも聴いてあげようね。

4番手は、SELLPICOさん。
とっても都会的で、歌いなれた方々でしたが、立川には向いていないかもねぇ。悪くはないんだけど。。。パーカッションくん。ちょっとねぇ。声はいいんだよ。まぁ、そういうところが売りなんだろうけれど。。。
f0187499_21505482.jpg



1番手、ジョンイントスリー。
こちらは、いつものボケ、ツッコミタイミングが抜群でした。CD発売、首を長くして待ってまっせ。
f0187499_21552511.jpg



2番手、和田多門さん。
やっと、歌っていただきました、東京タワー。2回、待ちましたからねぇ。CDも買ってきましたよ。サイン入りのやつ。でもね、日にちが4年も古いのよ。ね、今、2005年でなくて、2009年ですからね。
まぁ、有名になってプレミア付くの待ってます。
f0187499_21591527.jpg



で、最後は企画者の、May-kaさん。Mayさんと、Kaさんのコンビでしたっけ?
少しはMC上達したかな? でも、やはり夫婦漫才の域はでていませんしたね。家庭的で、いいのかもぉ。
f0187499_2231966.jpg




ごめんなさい。今回は、もうへとへとで、写真の選定、加工、文章も手抜きです。みなさん、ごめんなさい。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-05-24 22:04 | 音楽

デビュー決っ定ぃ

今日は、立川のばくだん畑で2ヶ月に1回の割合で行われるアコースティックギターのライブがあった。

参加したのは、

①ジョイントスリー(左から、KATS、タケ・オキス、SHIN)
f0187499_22511291.jpg


②クボ・フミト
f0187499_23155589.jpg


③和田多門
f0187499_23122199.jpg


④May-Ka
f0187499_231983.jpg
(なぜかここだけ、ステージ上で繰りひろがれる夫婦の会話、に見えてしまうのは、なぜ?)

 みなさん、それぞれに活躍されていて、詩も曲も演奏技巧も深く、すばらしい。

さて、上京したばかりの娘さん。今日は、遠くからライブを聴きにきた。
先日からここで紹介している、あの娘さん。
企画者との間で、ここでの演奏の話がとんとん拍子に進んで、次回のMay-Ka企画ライブに前座で出演することが決まった。

 おめでとう。


今日の参加者には、そんな話は伝えていなかったんだけど、なんでかなぁ。
それぞれみなさんから、メッセージがあったように思ったのは、私だけなんだろうか。

 立川という土地のなせる技なのかも。

企画者を除いた参加者は、みな、地方から上京してきた方たちなので、それぞれに、いろんな思いを持っている。それが詩になって歌われる。

すばらしい。

何かしらでも感じ取っていただけたらなぁ、っていう思いと、

上京したばっかりだからなぁ、っていう思いと、

とりあえず、楽しんでもらえたかなぁ、っていう思いと。。。私の中では絡み合っていた。


んーん。こんなに入り込む予定ではなかったんだけど。







でも、がんばれ。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-03-29 23:05 | 音楽

CDを聴いて見るまでは。。。

 そんな風には考えていなかった。

 まずは、ギターじゃないのね。っていうところ。キーボードなのね。

 そのキーボードの旋律が、サティっぽい。    嫌いではないなぁ。

 CDの曲を全部携帯電話に転送して通勤途中聴きながら行った。

 多少の音程のふらつきはあるものの、悪くないじゃん。 

 先日会ったときは、ホント子供みたいで、っていうかうちの娘らもまだまだだけど。

 とても、こんな曲を歌うようには見えなかった。そこが一番驚いた。

 ちなみに、帰宅時も聴いてみた。


 飽きません。まったく。


 しばらく通勤時はこれだな。。。。ぜひ、生で聴いてみたい。


 そんなことを思いながら、明日のばくだん畑で行われるライブの企画者にメールした。

「前座でもいいから歌う機会作れないかなぁ。」

 ということで、近々、そういう機会が巡ってきそうな、そんな予感が。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-03-28 13:23 | 音楽

ウーロン茶まだぁ? あっ忘れてたぁ

 で始まった、marbledoor in 大久保水族館。

 ライブハウスなのに、水族館って名前で、地下にあるんですけど、本当に水槽がひしめき合うように並んでいる水族館なんですよ。
ステージは広くなく、客席も広くない。あそこで、一番ゆったりと音楽を聴けているのは、きっと魚達だろうと思う。トイレは、ステージ横にあるので、演奏中にはトイレに行けない、ってなんだかすごいよね。
で、ライブが始まると、おもしろいんだよねぇ、魚達が一斉にステージの方向を向くんだな。水槽の水を通して、魚達にはどんな音が届いているんだろうか。とってもロマンチックな世界に見えた。

 携帯電話で写真も撮ったんだけど、marbledoorのボーカルのタケ・オキスさんが、大仏様のように写ってしまったので掲載はやめます。
狭いんだけど、音がよくって、marbledoorの演奏も当然良いわけなんですが、格好いいの一言に尽きます。

 ただ・・・・。

 おしゃべりをする輩(やから)が居て、せっかくの音楽が聞こえないんだな。しかも、気に入っている曲だったんでね。ポテトでもぶつけてやろうかと思ったよ。ああいうのは、ライブハウスの外でやって欲しいね。演奏者に全く失礼な礼儀知らずな話だよ。

 でも、タケさんは気がついていて、文句のひとつもつかず(?)よく演奏した。
さすがに、大人だよね。まぁ、奥さんのフォローもあるみたいだったけど。いい奥さんだよね。


 で、タイトルは・・・。

 入場時に頼んだホットウーロン茶。温めているから遅いのかと思ったら、マスターが忘れていただけでした。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-01-23 23:59 | 音楽

marbledoor in AKASAKA

 昨夜(明けたからね)、赤坂グラフティで、我がいとしのmarbledoorとThe Fighting Cocksのジョイントライブが行われた。

 G事件とかで、疲れてはいたけれど、行かずにはいれなくって、仕事帰りの家内と行ってきました。

 marbledoorはいつも聴いているけれど、The Fighting Cocksは、うわさには聞いていましたけれど、聴くのは初めてでした。いい写真があまりない(みだい、すまぬ)ので、気になった人をピックアップしますね。

 ベースのこの方。上手かったですね。みなさん、上手いんです、技巧派が多かったですけどね。私はこの方が気になりましたね。
f0187499_0165327.jpg



 リーダーは、この方。誰かに似ているぅって思っていたら、島田紳助。一回、そう思ってしまったら、もうダメ。ごめんね。それから、ビシって決めているから、ロバートパーマーにも似てますよね。ただ、まぁ、終始ニヒルでないとね。
f0187499_023179.jpg



 さて、marbledoorは、いつものメンバーなんですけれど。。。

 KATSさん。横浜銀蝿からだれか連れて来たんかい。ってな具合の髪型。
f0187499_029134.jpg



 今日は、結構饒舌だった、JUNさん。MCを任せられてましたけれど、ほとんど覚えていなくって、KATSさんの突っ込みを盛んに受けておりました。でも、JUNさんのドラムは大好きですね。メチャ格好良いよねぇ。
f0187499_0344092.jpg



 今日は、かわいい息子さんを前に、いくらか緊張気味の秋川雅史似のMAMOさん。ソロやるときも、まず最初に、息子さんに見せてから、改めて全員に披露するかのように。やっぱり家庭第一だよね。そんな優しい一面を覗かせてくださいました。
f0187499_043082.jpg



息子さん。家内に、顔は出しちゃだめって言われたので、お父さんの演奏を子守唄に、寝ている写真です。でも、こちらもめちゃかわいいんですことよ。
f0187499_04750100.jpg



そして、最後に、リーダーのタケ・オキスさん。今回はヘソ出し版で。ちょっと写真。ボケているけどね。貴重な写真だと思いますよ。

 ちなみに、今回のライブ、家内のカメラマンは、全部で700枚ほど撮って、そのうち、ピンボケを除いた枚数が600枚ほどだったとのこと。すごすぎ。
今回使った写真はすべて、家内撮影のものです。

タケさん、また
次のライブ楽しみにしております。
f0187499_0512847.jpg

[PR]

by ja1toep1 | 2008-10-05 00:53 | 音楽

MAY-KA企画 in ばくだん畑

 昨夜(あけたからね)、ばくだん畑で、アコギ(アコースティックギター)ライブが行われた。

 今回の出演者は、MAY-KA、ジョイントスリー、JunkStarNote + 三味線アーチスト(ごめんなさい、お名前がわからない~)の4組。

 初めの、三味線さんは、本格的な三味線をエレキ改造したもので、本格的な津軽三味線を披露してくれた、広島出身の方。
f0187499_0115494.jpg
目を閉じて情熱的に奏でる三味線が素晴らしかった。琵琶法師を思い出させる方でした。


 2番手は、JunkStarNoteさん。ボーカル(写真)とギターの2名構成。練習不足だったんでしょうか。次回を期待します。
f0187499_014382.jpg



 3番手は、もうおなじみのジョイント3(スリー)さん。

 左から、
f0187499_015852.jpg
ベースソロ、格好良かった。口での突っ込みは、相変わらず絶妙のタイミングのKATSさん。

f0187499_0163999.jpg
今回の写真はタケさんの「素」の表情のものを探し出して載せました。

f0187499_0175651.jpg
シンさんのはじける笑顔はいつも心和む素敵な笑顔です。


 4番手は、最近、ゴールインしたMAY-KAさん。
f0187499_0191484.jpg
さらに磨きがかかった演奏を披露してくれるハラハラさん。
f0187499_020159.jpg
今回は、さらに乗っておりました。まいっちゃさんの歌に酔いしれているハラハラさんのギター演奏に、今度はまいっちゃさんも乗っているようで、素晴らしかったです。


最後に、お二人にって、ファンの方からのプレゼント。
f0187499_0215839.jpg
心なしか、ハラハラさんに良く似たウサギのLOVEちゃんでした。

次回は11/22です。楽しみです。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-29 00:24 | 音楽