「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:災害・ボランティア( 115 )

次の指示があるまで待機していてください  ~防災訓練にて~

 昨日、会社が入っているビルで、火災を想定した防災訓練が行われ、参加した。

 22階建てのビルの、いつもは10階付近での火災を想定して、各階から順番に非常階段を使って地上まで降りるんだけど、今回は、最近入居した会社があって、その会社がある3階が火元となった。
また、全館いっせいに非常階段を使って降りる、ということだった。

 まず、今回の参加者は、震災前の避難訓練とは比べ物にならないぐらいの多かった。
うちの会社でも参加者は多かったし、しかも、ほぼ9割以上の人がヘルメットをしていた。

 ちなみにうちの部署の生存者役は、明日明日入院するって言っている私一人だった。


 まず、館内放送が、「火災が発生している」って放送。

 「次の指示があるまで待機していてください」って言った。

 さて、「次の指示が来なかったら、どうするのだろう」。

 「次の指示が来ないケースは想定外なのだろうか」


 震災のとき、津波の第一波でやられてしまって、次の放送ができなかったために、10m以上の津波を伝えられなかった。

 今回は火災を想定して避難訓練ではあるけれど、例えば、煙に巻かれて、「次の指示」が出せない可能性もあるだろう。そうなると、ビルの中にいる想定6千人の人は、煙に巻かれて犠牲になってしまうのだろうか。

 たった、これだけのことなんだけど、とっても気になった「次の指示」だった。




 話は変わるけど、さっきNHKのクローズアップ現代で、今回の震災時の津波警報の出し方が良くなかった、という番組をやっていた。
地震後、3分で津波情報を出さなければいけないことになっているらしい。

 さて、今回の震災では数多くの画像データを見ることができたが、その中に、自衛隊のヘリが撮影した沖合いの津波、巡視船が乗り越えながら沖合いに逃げた10mの津波。
なぜ、その情報を陸に届けなかったのか。

 沖合いで出会った津波であれば、それをすぐに陸に報告すれば、まだ逃げるチャンスがあったかもしれない。確かに、船の上では、自分の命をかけた操船だったのかもしれないが、陸にその情報を流す余裕はあったと思われます。

全く残念です。

 流す自治体も、連絡を受けた情報の垂れ流しだけではなく、ちゃんと目で見た情報を伝えるべきだったと思います。そうすれば。。。

 あー、もう、遅いんだけど。。。是非、次に生かしていただきたいものです。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-11-09 20:43 | 災害・ボランティア

震災から7ヶ月。。。震災直前、復旧後の友人との会話

震災前日の午後。私は体調不良で会社を休んでいて、陸前高田の友人とSkypeでおしゃべりしてました。
震災の前々日にも地震があって、津波注意報が発令されていました。

[2011/03/10 15:44:29] なか: まだ揺れてる?
[2011/03/10 15:44:53] 友人: 今朝もね
[2011/03/10 15:50:32] なか: 地震の被害は?
[2011/03/10 15:50:54] 友人: デスクトップがずれたくらい
[2011/03/10 15:51:01] なか: 世間だよ
[2011/03/10 15:51:15] 友人: 近所はない
[2011/03/10 15:51:57] 友人: 大船渡の養殖筏がずれたらしい
[2011/03/10 15:52:13] なか: 検潮所のリアルタイムデータはすごいぞ
[2011/03/10 15:52:27] 友人: 見た
[2011/03/10 15:52:53] なか: 私のブログに、何箇所かのデータおいておいたんだけど
[2011/03/10 15:53:11] なか: 大船渡の防潮堤の威力はでかいな
[2011/03/10 15:53:42] 友人: 短いけど入り口守ってる
[2011/03/10 15:54:01] なか: うn。データに顕著にでているもんね
[2011/03/10 15:54:19] 友人: 外海側の被害がかわいそうだ
[2011/03/10 15:54:55] なか: 広田湾は、長部が入り口付近よりも、25cmぐらいでかい
[2011/03/10 15:55:53] 友人: 気仙沼は準備中にやられたんだって、対策がちょっと
                    遅かった
[2011/03/10 15:56:14] なか: 気仙沼は岸壁になにもないからさ
[2011/03/10 15:56:25] 友人: そうなんだ
[2011/03/10 15:56:49] なか: 市場のところには何もないから、どうぞ、ってなもんだよ
[2011/03/10 15:57:09] 友人: 前の時も波かぶってたね
[2011/03/10 15:57:15] なか: 大船渡みたいに、市場の外に堤防ないもの
[2011/03/10 15:58:19] 友人: よく通ったけど中までは見た事ないもんなぁ
[2011/03/10 15:58:54] なか: 小友だって、干拓のところの防波堤がなければ、今回
                    だって、かなりのものだったと思うよ
[2011/03/10 15:59:06] 友人: んだね
[2011/03/10 16:00:29] なか: でもまぁ、今までの三陸大津波よりも規模が小さいから、
                    大丈夫だけど、あのクラスがきたら、今の防波堤は
                    役に立たないと思うよ。
[2011/03/10 16:01:26] 友人: 我家も低いところだし、今は良いけど、デカイのは川
                    まで上るからな
[2011/03/10 16:01:43] なか: そう。心配なんだよ。
[2011/03/10 16:02:03] 友人: 〇〇寺まで逃げるんだ
[2011/03/10 16:02:16] なか: 津波のほうが早いぞ。
[2011/03/10 16:02:27] 友人: 足遅いし
[2011/03/10 16:02:41] なか: そう。心配だよ。
[2011/03/10 16:03:03] 友人: だから、リハビリ頑張るの!
[2011/03/10 16:03:21] なか: まぁ、災害のほうが先だな。
[2011/03/10 16:03:58] 友人: 走れるようになってオリンピック出るのが先かな?
[2011/03/10 16:04:08] なか: パラ?
[2011/03/10 16:04:19] 友人: どっちかな?
[2011/03/10 16:04:25] なか: リン
[2011/03/10 16:04:46] 友人: それくらいの気持ちだって事よ!

[2011/03/10 16:05:13] なか: 去年のチリ地震津波は、1m~1.5mぐらいだった
                    から、今回よりちょっと大きかったんだけど、
[2011/03/10 16:05:28] なか: 今回も、津波警報でもおかしくなかったと思うよ。
[2011/03/10 16:05:44] 友人: 自主避難は多いよ
[2011/03/10 16:05:56] 友人: 意識が変わってきてる
[2011/03/10 16:06:43] なか: そうだろうね。気象庁も前回大げさになったって、
                    謝ったから、今回は注意報どまりにしたんだと思う
                    けど、今回も警報にすればいいと思っていたよ。
[2011/03/10 16:07:34] 友人: いつも思うんだけど「オオカミ少年」化しないとも
                    限らない
[2011/03/10 16:08:08] なか: いいや、波の高さは、それほどでもないかもしれ
                    ないけれど、振幅は1mはいっているよ。
[2011/03/10 16:08:45] なか: 検潮所で1mって言ったら、実際には、見た目は
                    それ以上だと思うんだよね。
[2011/03/10 16:09:31] 友人: 啓発周知に力入れるべきだよね、怖がらせるくらい。
                    科学データを解りやすく解説するとか
[2011/03/10 16:10:31] なか: そうそう。少なくても、経済的損失は、他人への
                    被害がなくっても、養殖とかへの被害が大きいはず
                    だから、かなり大きいはずなんだよね
[2011/03/10 16:11:24] 友人: 宣伝効果が高いのは、強迫観念を植え付ける、
                    という手法が役所は出来ないんだ
[2011/03/10 16:12:47] なか: 例えば、新燃岳の火山だけど、火砕流でも起きたら、
                    津波と同じで時速100kmぐらいで降りてくるから、
                    逃げられないんだよ。熱いし。
[2011/03/10 16:13:13] なか: でもさ、いつおきるかわからないから、逃げようと
                    しない。結果、被害者が出る。
[2011/03/10 16:13:39] なか: 見物まででかけるやからが出る。

      :       :

[2011/03/10 16:24:57] なか: まあね、あなたには、あなたのやるべき使命って
                    ものがあるんだよ。
[2011/03/10 16:25:05] なか: きっと
[2011/03/10 16:25:09] 友人: なんだろね?
[2011/03/10 16:25:19] 友人: まだわかんねぇや
[2011/03/10 16:25:32] なか: さぁ、わからないけどね、自分にしかできないもの
                    だと思うよ。
[2011/03/10 16:25:41] 友人: お互いな
[2011/03/10 16:26:24] なか: そっちの立場でないと理解できないけど、それを
                    ちょっと変えて考えてみると、実は、弱い立場の人
                    を共通して救えるような何か、とか。
[2011/03/10 16:26:48] 友人: そっちもそうじゃん

      :       :

[2011/03/10 17:09:53] 友人: そろそろ休め
[2011/03/10 17:09:58] なか: ありがとう。
[2011/03/10 17:10:02] 友人: 休養にならんな
[2011/03/10 17:10:04] なか: じゃあね
[2011/03/10 17:10:08] なか: 本当だよ。
[2011/03/10 17:10:09] 友人: じゃ!
[2011/03/10 17:10:14] なか: うん、ありがとう
[2011/03/10 17:10:17] なか: またね

 そして、翌日。東日本大震災が発生。

[2011/05/23 21:31:36] なか: やぁ
[2011/05/23 21:32:05] 友人: おばんです
[2011/05/23 21:32:19] なか: いやいやいやー。
[2011/05/23 21:32:22] なか: この日を
[2011/05/23 21:32:30] なか: どれほど待ちわびた事か。
[2011/05/23 21:32:53] 友人: 調子どう
[2011/05/23 21:33:06] なか: 精神面が、ちょっとね。
[2011/05/23 21:33:23] なか: 現地の人には申し訳ないけど、
[2011/05/23 21:33:41] 友人: それぞれさ
[2011/05/23 21:34:04] なか: 想像できないんだよね
[2011/05/23 21:34:55] なか: あの景色、同級生の犠牲者とか
[2011/05/23 21:35:35] 友人: 受け入れてないよ
[2011/05/23 21:35:45] なか: なるほど、そういう手もあったか
[2011/05/23 21:36:21] 友人: まだいるようなきがしてる
[2011/05/23 21:36:33] なか: 地震のとき、どこにいたの?
[2011/05/23 21:38:14] 友人: 下の税務署で確定申告中だった
[2011/05/23 21:38:42] なか: 俺はさ、絶対ダメだと思っていたんだよ
[2011/05/23 21:40:04] 友人: 途中で書くのやめて逃たけど信号停電で渋滞
                    につかまって焦ったよ
[2011/05/23 21:40:59] なか: そうだろうな、俺の友達の石屋も、渋滞で街中
                    に入れなくって、山のほう山のほうに追いやられて
                    結果、助かったって言っていた。

[2011/05/23 21:45:30] なか: みんな心配してさ、病院の先生とかさ、入院して
                    いた、隣のベッドの人とかさ
[2011/05/23 21:46:31] 友人: 連絡手段無かったからな
[2011/05/23 21:47:20] なか: Person Finder (消息情報):に、載せたら、
                    あっちこっちから書き込みがあって。
                    でも、みんな安心していたよ。喜んでいたよ。
[2011/05/23 21:49:37] 友人: 自分の置かれてる状況さえ分からなかった。
                    あとでテレビ見て驚いた
[2011/05/23 21:54:51] 友人: 陸前高田市壊滅って流れたから、焦ったろうね。
                    伝えることができないからもどかしかったよ
[2011/05/23 21:56:01] なか: 私は、会社で泊まったんだけど、翌朝の自衛隊
                    のヘリの画像で唖然としたよ。で、家のあたりも、
                    何もなかったからさ、愕然とした。
[2011/05/23 21:57:08] 友人: 交通手段が確保できて気仙沼で連絡取れた時は
                    チョット安心した。テレビ映像は凄かったよね。
[2011/05/23 21:57:51] なか: KDDIから「生きている」と連絡を貰ったときは、
                    仕事中だったけど、ガッツポーズになったよ。

[2011/05/23 21:58:54] なか: 今困っていることは何?
[2011/05/23 21:59:11] 友人: 無い
[2011/05/23 21:59:23] なか: 欲しいものは何?
[2011/05/23 21:59:39] 友人: 無し
[2011/05/23 21:59:42] なか: 今、一番したいことは
[2011/05/23 22:00:28] 友人: チャット出来て嬉しいだけ
[2011/05/23 22:00:40] なか: そっか、よかった。
[2011/05/23 22:00:55] なか: 体調は?
[2011/05/23 22:01:45] 友人: 足は痛くないけど動けるから痣だらけ
[2011/05/23 22:01:47] なか: 前日にさ、チャットでさ、10m以上の津浪の話し
                    たじゃん。覚えていないかも知れないけどさ
[2011/05/23 22:02:04] なか: あの直後だったからさ、
[2011/05/23 22:02:25] 友人: そうだった!
[2011/05/23 22:02:35] なか: 思いだして、逃げ切ってくれたかな、とか、
                    一縷の望みももったんだよね
[2011/05/23 22:03:26] なか: 津浪のまえに、パラリンピックに出るっていった
                    んだぞ。
[2011/05/23 22:04:26] 友人: 冗談!まだ痛いぜ!
[2011/05/23 22:05:01] 友人: 口の悪さとか争うんだったら負けないかも
[2011/05/23 22:05:27] なか: そりゃそうだろうよ。聞いてやるぜ。
[2011/05/23 22:05:55] 友人: 生で話したいぜ
[2011/05/23 22:08:15] なか: いいよ。通じるから。大丈夫だよ。
[2011/05/23 22:08:39] なか: 怪我とかしたの?
[2011/05/23 22:09:02] 友人: 全然
[2011/05/23 22:10:10] 友人: 緊張してるから痛みも忘れてた
[2011/05/23 22:10:15] なか: そうだろうな。

[2011/05/23 22:11:20] 友人: 予知してたのよ
[2011/05/23 22:11:56] 友人: こんなことが起こるような
[2011/05/23 22:12:28] なか: まぁな、俺らのように、よわっちいのはさ、そういう技
                    持っているときもあるからさ
[2011/05/23 22:12:33] なか: 否定はしないよ
[2011/05/23 22:13:05] 友人: やくにたたないじたいがくることを。
                    本当になっちまって愕然としたよ
[2011/05/23 22:14:03] なか: うん、うん。
[2011/05/23 22:15:00] なか: あの映像みた? 市役所の屋上から撮ったやつ。

http://www.47news.jp/movie/general_national/post_2953/

[2011/05/23 22:15:26] なか: これで、逃げられるやつがいるのが奇跡だと思ったよ
[2011/05/23 22:17:37] 友人: 会って聞くとすごい話だった
[2011/05/23 22:18:49] なか: 会ったの、その人と。
[2011/05/23 22:19:14] 友人: 屋上避難組とは
[2011/05/23 22:19:19] なか: そっかー。
[2011/05/23 22:19:45] 友人: 足がさらわれそうになったって
[2011/05/23 22:19:59] なか: 俺が、もし、現地にいたら、きっと、足がすくんで
                    動けなかったんではないかって思うよ。
[2011/05/23 22:20:23] 友人: 俺は転んで終わり
[2011/05/23 22:20:28] なか: あそこさ、何mあるのかな、屋上までさ、
[2011/05/23 22:20:31] なか: 。
[2011/05/23 22:21:40] 友人: 10m?
[2011/05/23 22:22:07] なか: そんなに低くないだろう。4階だっけ、5階だっけ
[2011/05/23 22:22:36] 友人: 3階の上だよ
[2011/05/23 22:23:00] なか: そっかー、でも、盛土した上に建っているよね。
[2011/05/23 22:23:12] なか: だから、10m以上ね。
[2011/05/23 22:23:35] なか: あの映像みたらさ、本当に、逃げられたのが
                    不思議だと思ったよ。
[2011/05/23 22:24:03] 友人: 確かに低い海抜0m地域
[2011/05/23 22:24:25] 友人: 大雨でいつも浸水してた

[2011/05/23 22:24:45] なか: いや、いろいろと積もる話だらけだけどさ、時間
                    大丈夫なの?
[2011/05/23 22:25:06] 友人: 電池がきれそう
[2011/05/23 22:25:15] なか: うん。
[2011/05/23 22:25:17] なか: またね。
[2011/05/23 22:25:20] なか: 元気でね
[2011/05/23 22:25:42] 友人: そのうち行くよ東京
[2011/05/23 22:25:48] なか: うん。
[2011/05/23 22:26:03] なか: おやすみ
[2011/05/23 22:26:13] 友人: 元気でいろよ
[2011/05/23 22:26:21] 友人: じゃね
[2011/05/23 22:26:37] なか: あー。お互いにな。

 震災の直前に大きな津波の話をして冗談を言い合い、そして、翌日の震災。信じられないことと、友人の安否。そして、2ヶ月以上も経過して、やっとSkypeでおしゃべりができるようになった。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-11 22:29 | 災害・ボランティア

電車から外を見ると。。。つい

 電車から外の風景をぼんやり見ていると、つい、津波がきたら、ここまで水が来るなぁ、って考えている。

 今日も東海道新幹線で小田原付近を走行中に、平地の公団住宅のような4,5階建ての建物が立ち並んでいる光景を見た途端、陸前高田市の市営住宅を襲った津波の写真を思い出してしまった。

 ここまで波が着たら、なんて、つい、考えてしまって。



 中央線でも思っちゃうのよね。

 でも、そこは標高が高いから津波は来ないんだけどね。ついね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-10 20:40 | 災害・ボランティア

台風 帰宅困難者でした

 会社で15時以降、上司と相談して帰宅してもよろしい、との判断があり、ちょっとためらった後、帰宅の途についたのですが。。。

 5時間もかかりました。

 はっきりいって、普通に会社を定時まで仕事してから帰宅するより、かかってしまいました。

15:20 大崎
16:06 吉祥寺
16:19 三鷹
16:44 武蔵境
17:01 東小金井  ここで座れた。
17:15 国分寺   中央線全線運転見合わせ。再開の目処立たず。
19:15 国立    ここで、もうトイレが我慢できなくって下車。バスを試すもダメで。
20:00 立川
20:20 帰宅

 国分寺で止まったときは、車内の冷房が効きすぎて、体が冷えてしまいました。それで、石の痛みが増してきてしまったんですよ。ホカロン貼ろうかどうか悩みました。

 国立は隣駅なんですが、普段なら歩いて自宅まで40分弱なんですがね、石の痛みが出たら歩けなくなるので無理ができなかったんですよ。

 結局、立川からは、杖が必要でした。ぎりぎりでした。明日会社に行けるかどうか心配です。



 でもね、今回思いました。

 石が痛んでいるぐらいの余裕がないと災害時には難しいってね。
 震災の時も、痛くって、結局翌日の昼まで会社にいて、普通に電車で帰宅したんです。
つい無理してしまうでしょう。無理できないぐらいの余裕が災害時には必要なんだってね、思いました。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-21 21:20 | 災害・ボランティア

なぜここで発達するの?

 台風15号がいきなりここにきて発達しています。

 今年の台風は、みんな息が長い。今年ほど発生してから消滅するまで息の長い台風はないのではないでしょうか。

 しかも、この時期を待っていたかのように、ここにきていきなり発達しました。

 なぜでしょう。


 それは、海洋の水温が高くって、台風の餌となる水蒸気の供給が多いからなんだと思います。

その証拠がこちら。。。(クリックするとはっきり見れます)
f0187499_21305388.jpg


 また台風は、自分では動けません。あくまでも上空の風の流れでしか動けないのです。
そうすると、今度は上空の風が気になりますが、これは、どっかから探してみようと思います。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-20 21:36 | 災害・ボランティア

NEWS<動物たちが地震を予知できるって本当?>

 というニュースを発見しましたが。。。

 私は予知できるのではなく、単に、人間が聞けない音や、感じないものを感じられるだけだと思うんですよ。
予知と察知はちがうよね。

 だって、私も敏感で、地鳴りの前に目を覚ましますもん。

 人間が一番で、なんて考えているのが、そもそも、間違いなんだと思います。

 いろんな動物は、生きるのが大変で、そのために身についている器官があるだけだと思います。

 もちろん、人間にも昔は備わっていたと思いますが、周囲の雑音や騒音などで、気がつけなくなってんだと思いますよ。

冒頭を抜粋。
=====
動物たちは地震を事前に察知できる?というのは聞いたことがありますよね。

まだそれは科学的に証明されていないんですけど、みなさんの愛犬のビーグルちゃんがワケも無く走り出したりしたらもしもの場合に備えた方がいいかもしれませんよ! 実際、先日アメリカ東海岸を襲ったM5.9の地震の直前にワシントンD.C.で動物たちの不可解な行動を伝えるツイートがあったとか。
=====
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-17 13:17 | 災害・ボランティア

関東が強風域に

 先ほどから風が強くなってきています。

 関東が強風域に入ったようようです。

また、現在の台風の位置は、だいたい四国の南にあって、もうすぐ、四国に上陸しそうです。

関東の雨の状態
f0187499_23155229.jpg

19時頃に都内から帰宅するときと、大して変わっていません。

ということは、山梨県付近に、大量の雨が落ちているということです。

 立派なアンテナを上げられている方は、ちょっとだけ降ろしましょう。

 ちなみに、我が家は該当しません。



 大きな災害にならないことを祈ります。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-02 23:18 | 災害・ボランティア

藤原の効果

南から2つの台風11号と12号が接近している。
しかも同時に日本に近づいてくる予報だ。

こういうときの台風はお互いに干渉しあうというのが「藤原の効果」と呼ばれるものだ。

で、これを題材にした小説がある。

ミッドナイトイーグルを書いた、高嶋哲夫の「東京大洪水」だ。

二つの台風が一つになって、関東を襲うというもの。
この本は是非台風が来る前に読んでいただきたい。如何にゼロメートル未満地帯が危険か、地下鉄が危険か、如何に政府の対応が今のままでは足りないかがわかります。

この進路予測にはスーパーコンピュータが使われるのだけれど、きっと、これを読んだら、あの議員さんは「2番目ではいけないんですか」なんていう愚問はしなくなるのではあるまいか。

まぁ、そんな議員のことはいいんだけれど、震災で多くの犠牲者が出ましたけれど、この台風、とても動きが気になります。東京都の東側のゼロメートル未満地帯が心配です。今、これに対応できるほど政府が健康だとは思えない。原発のような後手後手にならないように祈るのみです。

 ところで、「藤」が付く名前で、世界的に有名な指標があります。そうです。竜巻の大きさを測る藤田スケールのFですね。「藤」が付く日本人が頑張っています。何を隠そう、私の母方にも「藤」がつく。家内の旧姓にも「藤」がつく。隠れた才能でもあるんでしょうかね。

以下、無理やり合成してみました。(クリックするとはっきり見れます)
f0187499_18151658.jpg


以下ウィキペディアより抜粋。
===
藤原の効果(Fujiwhara Effect)は、2つの熱帯低気圧が接近した場合、それらが干渉して通常とは異なる進路をとる現象のことである。 1921年に当時の中央気象台所長だった藤原咲平が、このような相互作用の存在を提唱したためこの名がある。

熱帯低気圧は、大まかには近くの亜熱帯高気圧や気圧の谷に伴う上空の風に吹き流されて移動していく。 近くに別の熱帯低気圧が存在する場合、その熱帯低気圧に反時計回りに吹き込む風によって吹き流される効果が付け加わる。 そのため2つの熱帯低気圧が接近すると、それぞれがもう片方の熱帯低気圧の周りを反時計回りに接近しながら移動していくことになる。 これにさらに、亜熱帯高気圧や気圧の谷の風に吹き流される運動が足し合わされるため、熱帯低気圧ごとにかなり異なった動きが見られる。

藤原の効果が見られるようになる熱帯低気圧間の距離はその熱帯低気圧の大きさや強さにより異なるが、だいたい1000km以内とされている。 このような距離に熱帯低気圧が複数存在することは大西洋やインド洋ではあまり見られず、ほとんどが太平洋上、特に北西太平洋に多く見られる。

藤原の効果は6つに分類されている。

相寄り型:
 弱い方の熱帯低気圧が接近しながら急激に衰弱し、強い方の熱帯低気圧に取り込まれてしまう。

指向型:
 片方の熱帯低気圧だけが干渉を受けて、もう片方の熱帯低気圧の回りを運動するように見える。

追従型:
 片方の熱帯低気圧がまず移動し、その後ろをもう片方の熱帯低気圧が追いかけていく。

時間待ち型:
 東側の熱帯低気圧がまず北上し、その熱帯低気圧が去った後に西側の熱帯低気圧が北上しはじめる。

同行型:
 2つの熱帯低気圧が並行して移動する。

離反型:
 東側の熱帯低気圧が加速して北東へ移動し、西側の熱帯低気圧が減速しながら西へ移動する。

接近した台風がお互いに複雑な動きをする理由としては、互いの風の影響ではないか、というおおまかな仮説が立てられているものの、詳しく分かっていないのが現状である。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-08-25 18:14 | 災害・ボランティア

復旧と復興

復旧とは。。。
 壊れたり、傷んだりしたものを、もとの状態にすること。また、もとの状態にもどること。

復興とは。。。
 いったん衰えたものが、再びもとの盛んな状態に返ること。また、盛んにすること。再興。

似ているけどね。ちょっと違うよね。

Twitterで「復興ではなく、復旧だ」と言っていました。

つぶやきを見ていると、被災地は、まだ「復旧」の段階であって、「復興」には至っていないようです。

私たちは、その意味、状況をよく理解して、「復興」まで支えなければいけないと思います。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-08-17 12:30 | 災害・ボランティア

8/8時点 1292

 震災後、一日も欠かさずにしてきたことがあります。まだまだ、情報が尽きなければ続く作業です。

 陸前高田市内の町毎、大船渡市の年齢順の犠牲者リストの作成。

 毎日新聞ニュースに掲載される身元がわかった人を、町毎に分けて、年齢順に並べています。
隣の宮城県のリストも見ます。稀に、該当者の住所を見つけることがあるからです。

 なぜ、始めたか。

 理由は簡単です。

 同級生や先輩、後輩の犠牲になった方を探しやすくするためでした。

 8/8時点で。。。

 陸前高田市 1292名
  高田町    878名
  小友町     43名  私の故郷です。
  広田町     41名
  矢作町     18名
  横田町     14名
  気仙町    187名
  竹駒町     35名
  米崎町     76名

 大船渡市    312名

 やはり、低地に人家が多かったところの犠牲者は多いですねぇ。

 でも、まだまだ身元が分かっていない人、見つかっていない人がおります。

 来週、灯ろう流しが河口湖で行われます。まだ、実際の灯ろう流しは見たことがありません。VTRでだけですが、なんていうんでしょうね、なんとも言えない切ない気持ちになり、自然と頬を涙が伝います。

あらためて、ご冥福をお祈りします。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-08-10 20:40 | 災害・ボランティア