カテゴリ:日記( 426 )

残りの人生は 習得したことの開放か

 自分もつい言葉に出してしまう「自殺」だけど、若い人の場合は別として、やはり、引退した人には、後進を育てることをして欲しいし、周囲は、そういう場を与えて欲しいと思う。

 やはり、人は、いつもだれかのために役立っていたいのだと思う。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-30 05:22 | 日記

小松左京さん 逝く

 小松左京と言えば、「空中都市008」ってありましたよね。

 何年前だったかなぁ、小学生か中学生の頃だったかな。近未来の図として、いつもわくわくしながら見たような記憶がありましたが、実際には、そうなっていませんよね。まだ。
1968年のNHKの人形劇だそうですよん。7歳だな。その当時は15分番組だったようです。

 それから、日本沈没。最近のではなくって、1973年だそうです。中学1年生か。無線の講習会とかに行っている時期かな。2006年にも作られましたけど、そっちは、自分の中では邪道とか、勝手に判断して見てませんでしたけど、今度借りてこようかなって思います。

 首都消失も不思議でした。復活の日。アマチュア無線が出てくるんですよね。それから、へんてこりんな結末が残念だった朝日新聞に連載された、こちらニッポン。

あー、いい作家が亡くなりましたなぁ。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-29 21:50 | 日記

一人時間差はOK

 今朝は、台風が近づいているというので、合羽やらなにやらを準備し、替えの靴下まで準備し、万端整ったところで1時間の一人時間差出勤をして、会社に着いたところまではよかった。

 ところが、着いてパソコンやら何やらを取り出した、メールチェックをしだしたところあたりから、痛みが急に襲ってきた。

 やだなぁ、昨日と同じ痛みだ。


 しかも、昨日よりも痛い。


 んーん。どうしよう。


 とりあえず、ロキソニンをいつものように2錠飲んで。。。まだ9時には時間があるから、すこし、寝ようかな、とか、机に突っ伏して仮眠の体勢にはいった。

 が。。。

 だめ、薬が効く前に、痛みがひどくなってきた。

 そのうち、他の人たちもどんどん出社してくる。

 「なかちゃんさん、どうしたの?」

 「なんか具合がわるいみたいです」

 うん、ここまでにしよう。このタイミングを逃さないように。。。

 「やっぱり、帰ります。耐えられなくなってきました」

 パソコンを畳んでロッカーに仕舞って、帰る準備。



 会社を出てすぐに、具外が悪くなってきた。どっかに座りたい。

 隣の隣のビルの喫茶店に入る。
 温かいものを注文して飲んでいるうちに落ち着いてきた。

 この落ち着いた機を逃さずに移動開始。

 4回ぐらい乗り換えに乗り換えて、やっと、大学病院に到着。

 だいぶ、痛みは収まっていたものの、薬が効きはじめていて、めちゃくちゃ眠い。

 病院の待合室の椅子の上で、うつらうつらと寝ながら順番を待つ。

 
 結局、よばれたのが、病院について2時間半後。まぁ、痛みもかなり引いていたからいいんだけどね。七転八倒していたら、言うし。

 検査もしたものの、痛み止めの薬を大量に処方されて帰宅しました。


 いやー、手術の話が出てから初めてでした。患部が痛んだの。

 かなりあせりましたけど、熱が平熱だとわかってからは、平静をとりもどしました。

 一ヶ月前倒しでの手術になるかと思いましたよ。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-19 16:23 | 日記

ハムフェアもお祭りも航空祭も

今年は、毎年楽しみだった、ハムフェアも立川の夏祭りも横田基地の航空祭も、見に行けないだろうことに気がついた。

それどころか、予定通り終わって、仕事に復帰できるか、そこが重要。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-14 18:26 | 日記

自分の中に母がいる

それに気が付いたのは、かなり昔、まだ、生存していた頃だから、十年以上も前からだと思う。

何か大きな判断を必要とする時に、母の顔が思い浮かぶ。なんのヒントになるわけでなく、なんとなく思い出している内に、母ならこういう事には絶対こう考えるみたいな確信が持てるようになる。

というか、よくはわからないんだけどね。

私は母親っ子だったし、色々と似ているところもある。

そうそう、思い出す母の顔は、凄く若い。もしかすると、私が生まれた頃の母の容姿かもしれない。

さっき、ふと、そんなことを考えてしまった。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-14 07:35 | 日記

飲まなかったからこの時刻

昨夜は飲まなかったので、今こうして、2時に目覚め起きている。

何故、2時なのかは別として、これが自分には、当たり前の日常だった。

また、ここから出発しなければいけないのね。

落ち着くのが先か、おかしくなるのが先か、微妙だなぁ。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-06 02:34 | 日記

殺虫剤でダウン

 昨夜もまた、もう寝ようかという時刻に、茶色のGさんが出没。

 薬も飲んだし、後は安定した気持ちで床に付く予定だったのに。。。

 しかも、Gさん、隠れてしまって見つからないときたもんだ。大きさは3cmほど。先日の黒Gさんよりは小さいんだけど、GはGだ。

 で、あっちかな、こっちかなって、いろんなところに殺虫剤を噴射しているときに気がついた。

 あっ、今日はヤバイ。

 でも、時すでに遅し。



 吸ってしまった強力殺虫剤。

 しかも今回は相手の苦しむを見ることもかなわずの明らかなる惨敗。



 布団に戻ってからも、あの臭いが喉辺りから離れない。

 家内が、水でも飲んだら、と言ってくれたものの、そこにはまだ充満しているので近づけない。

しかたがないから、タバコ対策で持っているハッカの水溶液を使うことに。


 ところがどっこい、今度は、このハッカの臭いが鼻をついてしまって、どうにもならなくなってきた。。。

 うげぇ、気持ち悪ぅ。

 飲んだ薬で眠りに付くどころか目が覚めてしまったのと、気持ちが悪くなって、とんでもなくなってしまった。




 もう、どうにもなりませんでした。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-05 18:52 | 日記

どうも、とてもヤバイ状態で寝ているらしい

 6月から睡眠前に服用していた精神安定剤のデパスですが、通常、3錠ほど飲んだりするようですが、私は1錠の0.5mgを半分にして、朝まで寝られるほどの弱さです。

 で、前々から家内には、蹴飛ばしてもおきないほどぐっすり寝ている、と言われ、確かに睡眠ができているってんで、喜んではおりました。

 ところがどっこい、今回の体温調整ができない事態。

 家内曰く、そうだと思うよって。

 マグロ状態で、もしかしたら寝返りさえも打たずに寝ているかもしれない。全く意識が無い状態で、寝ている隣で騒いでも起きないのは、まずいんでないかい。
部屋が寒かったり暑かったりしても、調整は無理だと思う。

 薬は止めるべき、とまで言われてしまった。


 確かに、起きるときまで、全く何も分からずに寝ている。止めたほうがいいかも。

 でも、紹介された次の精神科の診療まで1ヶ月もあるんよ。どうするべか。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-05 14:10 | 日記

測定値はそのまま公表しましょう。 基準値は変わる可能性があるし、操作されちゃうかもよん。

 こどもの尿から放射能が計測された、というニュースが、ちょっと前に流れました。

 どっかの人が「慎重に考えます」と発言していましたが、そんなに悠長な事態ではないと思いますよ。




 それから、測定値は、そのまま公表しましょう。

 まちがっても「基準値以下」などと公表しないように。

 基準値なんて、変わるもんよ。



 私は仕事でいろいろとチェックすることが多いのですが、チェック結果には手心や思いを加えないようにしています。見たままを、感じたままをそのまま報告するようにしています。

如何に、素の情報をそのまま上に上げるか、ということだと思っています。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-04 17:07 | 日記

仮死状態な今朝?

 いつものように薬を飲んで、相変わらず、寝る直前までぐだぐだして、朝、目覚ましで起こされて、しかも2度目の目覚ましで、ぎりぎり起きて、結構、あわてて出勤していったのだったが。。。


 ふらふらした足取りで駅に行き、寒いなぁとか思いながら電車に乗り、あと一駅、というところで下車。
だめ、横になりたい。座りたい。

 座るところは見つけたけど、そこも、冷房キンキン。

 温かいロイヤルミルクティを飲むも、冷房が効いているから、なかなか良くならない。

 ダメかも。


 帰る体力と出社する体力を天秤にかけて、帰る方に注ぐ事に決め、引き返す。渋谷まで山手線で出て、井の頭線を経由して小田急線でかかりつけのお医者さんに倒れこむように到着。

 しばらくおしゃべりしていたんだけど、結局、点滴をしてもらった。

 そしてすこし眠ったらしい。



 帰りは最寄り駅に到着後、市役所へバスで移動。重要な年中行事を行って立川駅へ。やっとお腹が空いてきたので遅いご飯。そして、先ほど帰宅しました。ちょっとゆったりとした時間を過ごしました。

 暑い外にしばらくいたせいでしょうか、かなり快復できました。

 やっぱり冷え切っていたんだろうか。

 水分摂っていますか、って聞かれたので、2Lまではいきませんけど、って言ったら、塩分も補充して下さいね、って言われました。水だけではダメだと。スポーツドリンクも摂るように言われてきました。
確かに、そこは抜けていたかも。糖分は気にしていたんだけど、塩分までは考えが及ばなかった。

 さて、低体温。

 今年もまた、その季節到来です。

 今は、薬で、朝まで死んだように眠っているらしいから、無意識に布団を剥いでいても、無意識に布団をかけなおさないもんなぁ。寝袋にでも入って寝るしかないのでしょうか。

 難題だ。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-07-04 16:39 | 日記