「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:NEWS( 122 )

NEWS<電車内での一番悪いマナーは「席を譲ってくれた人に対する暴言」だと思います>

 譲る側と譲られる側を頻繁に繰り返している今日この頃。。。

 譲るのも譲られるのもある意味、テクニックが必要ですよ。

 私は、苦もなく何度でも譲る方です。
譲っては、その方が降り、また座って、また譲ってを同じ列車同じ座席で連続3回こなしたことがありました。
まぁ、そんなことは非常に稀ですが。

 譲ろうかどうしようか迷うときもあります。
そのときは、その方と自分の体調をおおよそで見比べて判断しています。

 譲られるケースというのは、杖をついているときですが、通勤電車では、譲ってもらえません。ほぼ確実にダメですね。だから、通勤電車のときには、極力杖を畳んでしまいます。杖が非常に危険になることがあるから、というのも理由のひとつです。通勤電車では、みなさん、下方を見ないでしょう。あれが、杖でひっかかってしまう可能性に繋がるためです。

 じゃぁ、杖最初からつかなければという方もいると思いますが、杖ついた方が楽、というときには、そういう小細工します。杖がないと歩けないときは、時間帯をそもそもずらします。危なくって。

 さて、この話題。

 今の高齢者の多くは皆様、元気ですからね。
「おれはそんな年寄りでない」と言いたい方もいるかもしれませんがね、そこは年長者らしく、譲られてみてはいかがでしょうか。格好いいと思いますよ。

 私は、病弱だし、白髪ですが、それだけで譲られたことはありませんけど、もし、譲ってくださる人がいたら、喜んで譲られますよ。

 ということで、そのときは、よろしく。

 また、年配者のマナー違反が増えてきている、とのことですが、ひとつだけ、フォローさせていただくとしたらですね。

 今まで簡単に出来た事が、年々知らず知らずのうちに、出来なくなっていき、そのことを自分で認めたくない、ということが多々あります。私も、今年は数多く経験いたしました。

 そういうものへの当たり所がない、ということがあります。
まぁ、当たらず過ごせる方もいらっしゃいますけどね。まぁ、大目に見ていただけませんかね。

 ちなみに、私は、当たらず過ごせる方だと思っていますけどね。


さて、ガジェット通信、というところの記事を全文載せますね。
===
筆者は常日頃、電話勧誘や飛び込み営業や電車内でのマナーが気になってしまう性分です。「電車内でのマナー」に関しては電車内の公共広告で「携帯は電源OFFに」「床に座らない」「飲食禁止」「大声で話をしない」……こうしたことなどが掲示されていますが、「席を譲った人に対する年配者の方の暴言の酷さ」という事に関しての公共広告を目にすることはありません。私は、この「席を譲った人に対する年配者の方の暴言の酷さ」が電車内での一番悪いマナーだと思います。例えばこのような

席を譲った人 「……どうぞ」(席をそっと立つ)

席を譲られた人 「私はね、席を譲られるのが一番嫌いなんだ。そんなことしないでくれ」(怒り気味かつ大声で)

自分の乗っている路線の民度が低いだけかもしれませんが、有名な路線でも何度かこんな場面に遭遇したことがあります。譲られた人からすれば年寄り扱いをされるのが嫌だったのかもしれませんが、たとえそうであったとしても断り方というものがあると思います。「次の駅ですから大丈夫ですよ…」など、嘘でもいいからこれくらいの発言で止めておけばいいものを逆切れして「そんなことをしないでくれ」って酷すぎではないでしょうか。譲った側がこれじゃ悪者扱いだ……って傍らでこの風景を見るたびに思います。

携帯使っているとか飲食しているとか床に座っているとか……これらももちろん公共の場所のマナーとして悪いものであります。しかしこういう暴言に関しての指摘はみかけません。 

また、席を譲らない人間に対して「何で譲ってくれないの」な感じで見てくる年配者もいかがなものかと思います。こんな形で断られるのが嫌だから座ったままの人もいると思います。「若い者が譲って当たり前の姿勢」というのもどうなんでしょうか?

最近、公共の場所での年配者のマナーの悪さが目に付くようになってきているような気がするのですが気のせいでしょうか?
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-31 16:33 | NEWS

NEWS<車道走行徹底…戸惑う自転車、歩行者は歓迎の声>

 正直、こんな無謀な事は止めたほうがいい。

 車との事故が増えちゃうよ。

 バイクとの事故も増えちゃうよ。

 その前にだ、

 自転車を免許制

 にしたらいいと思う。

 その後だったら、いいと思うよ。

記事全文。
===
 自転車と歩行者の衝突事故を防ぐため、自転車に車道走行を徹底させる警察庁の新たな自転車対策は、街の交通事情を大きく変えそうだ。

 今後は、交通量の多い道路などに警察官が立ち、歩道を走る自転車の利用者に指導を行うが、利用者からは「いきなり車道を走れと言われても……」と戸惑いの声も上がる。朝の通勤・通学の時間帯に、多くの歩行者、自転車、車が行き交う中野駅(東京都中野区)周辺で、新ルールへの受け止め方を聞いた。

 27日午前7時30分。JR中央線と東京メトロ東西線が乗り入れ、一日12万人以上が利用する中野駅近くの区道では、サラリーマンや高校生が切れ目なく歩道を歩き、その間を大型駐輪場に向かう自転車が走り抜けていく。接触すれば歩行者が転倒しかねないスピードを出している人やイヤホンをしたまま乗っている人の姿もあった。

 毎朝、駅まで自転車で通う男性会社員(47)は「急ぐ時は歩道を走ることもある。何が駄目になるのかわかりにくい」と困惑。別の男性会社員(50)は「車道は路上駐車が多く、走りづらい」と話した。近くの主婦(40)も「幼稚園児を乗せているので、車道を走る勇気がない」と不安をのぞかせた。

 これに対し、歩行者からは自転車の車道走行を歓迎する声が多く、足が悪いという近くの主婦(67)は「自転車と肩がぶつかり、『歩道の端を歩け』とどなられたこともある。車道を走ってもらえるならありがたい」と語った。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-28 19:14 | NEWS

拡散希望【特に医療関係者】 NEWS<性分化疾患:性別確定「生後1カ月まで」 出生届け出後も可能>

 性分化疾患の中でも、聞いたら驚くような性別判定のために、どれだけ当事者が苦しい思いをしてきたことか。

少なくとも言えるのは 【当事者には責任が無い】 ということ。

なのに、なぜ、こんなに死ぬような苦しみにあったり、虐げられたり、肩身の狭い思いをしなければいけないのか。

そんな、出生時の【サボタージュとまで言える重大なミス】をなくすため、今まで生後、14日以内に届けなければいけなかった出生届けを、1ヶ月まで延長できることに、なって【いた】らしい。

これは、周知させるべきことです。

これで、後は、

【間違いに気がついたら(すぐに)修正できる】

ようになれば、いいのにな。

もっとも、それでも、私のようなKSは、どうにもなりませんけどね。

でも、苦しむ人が減ればいい。

もともとは【苦しまなくっていい人たち】なんだから。

記事を全文。
===
 外性器などが未発達で男女の区別が難しい性分化疾患の新生児について、日本小児内分泌学会と厚生労働省研究班は性別を確定する目標時期を「生後1カ月まで」とする医療者向けの手引を初めてまとめた。戸籍法は出生届の期限を14日以内と定めているが、十分に精査されずに性別判定されるケースがあるため。学会は法務当局の判断を仰いだうえで、期限の延長が可能としている。

 性分化疾患は2000人に1人の発生頻度との調査があり、90年代に解明が進んだが今も十分な知識を持たない医師が多い。子宮も卵巣もある女児が外性器で男と判断され、男性ホルモンを投与されるなど、最低限の検査なしでずさんに性別判定されるケースが後を絶たない。

 手引は染色体やホルモン、遺伝子など必要な検査や、内科と外科それぞれの治療内容を示した。性別確定まで1カ月としたのは、検査結果が出そろうのに14日以上かかる場合があるほか、経験豊富な医師の意見を仰ぐことを求めたためだ。

 戸籍法には出生届の遅延に対する罰則規定がある。同学会は、手引作成時に東京法務局に問い合わせ、医師の証明があれば性別や名前を空欄で出せることを確認。後に必要事項を埋める「追完」という方法で、14日を過ぎた届け出ができるとしている。ただ周知されておらず、医師も親も「14日以内」にとらわれているのが実態だ。

 厚労省研究班のメンバーで手引作成の中心になった堀川玲子・国立成育医療研究センター内分泌代謝科医長は「医学的には男女どちらとも言えない性があるが、『中間の性』という通念はまだない。性の変更を社会が受容する環境も整っていない以上、性別の判定は慎重を期すしかない」と話す。【丹野恒一】(17日朝刊からくらしナビ面で「境界を生きる~性分化疾患・決断のとき」を連載)
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-17 20:35 | NEWS

NEWS<桜島・昭和火口に大量の灰堆積 火砕流に警戒呼び掛け>

 ここ最近、日々爆発を繰り返している桜島ですが、こんなことになっているようです。

 雲仙でも火砕流があって、あれを「大火砕流」と呼んだ時期もありましたが、「大」をつけるにはあまりに小さい火砕流だった、ということは余り知られていないんです。
まぁ、それはともかく、火砕流になるネタが大量に火口付近に堆積している、ということについて、十分にご注意ください。
 津波と同じような速度で襲いかかる高熱の固体。その周囲に漂う灰神楽。いずれも、生命に重大な危険を及ぼします。放射能もそうでしたけど、風向きによっては、四国、中国地方、関西までも飛ぶかもしれませんし、火山灰は、電子機器を狂わせます(粒子が細かく、どんな隙間にも入り込む。しかも導電性の物質)のです。

さて、記事全文。
===
f0187499_20185694.jpg

 5月31日(上、海上自衛隊のヘリコプターから気象庁が撮影)に比べ、火山灰や噴石が堆積し火口の底が浅くなっている鹿児島県・桜島の昭和火口=9月5日(第10管区海上保安本部の航空機から京大防災研究所火山活動研究センターが撮影)
===

災害は、もう、たくさんです。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-17 20:20 | NEWS

NEWS<カセットテープをパソコンに取り込めるUSB接続のプレイヤー>

 私はその昔、高校の頃からかなぁ、エアーチェッカーだったんです。「エアチェック」って死語ですよね。
つまり、FM放送から音楽などを録音していた、ということです。

いろんなものを録音しました。

 FM放送から音楽は日常的録音しており、さらに、FM放送でのラジオドラマなんかも大好きでした。サウンドルポルタージュなんかも録音しておりました。また、AM放送でも、好きなアーティストの曲や、宇宙戦艦ヤマトなんかも録りました。

 カセットデッキを買う前までは、モノラルのラジカセで録ってましたので、録音ボタンを押してから録音されるまでのタイムラグを考えてボタンを押す技や、CMがいつ終わって、曲がどのタイミングで始るかなんか、とっても真剣でしたね。一発勝負ですからね。

 仕事をするようになってからは、オープンデッキを買って、まとめてそれに何時間分も録って、その後でダビングをしておりました。随分楽に録音できるようになったのを覚えています。

 そして、その録ったテープの数は、優に100本以上にもなり、今もあるわけです。
その古さでいうと、なんと、中学3年生の時のカセットテープもあるんですよ。

 で、いつの頃からか、それをMP3に変換したいと考えていて、既にやっているんです。
私の場合は、オーディオ信号を変換する装置【Sound it】をパソコンにつないで変換しています。でも、昔買ったカセットデッキが、そろそろいかれてきていて、どうしようかと思っていたところで、この記事でした。

実際の使用感をレポートしているサイトもあるようなので、「Tape Express」で検索してみてください。
ちょっと使うにはコツが必要なようです。

記事全文。
===
久しぶりに実家に帰ったときに物置をあさったら、たくさんのカセットテープが出てきた。そのほとんどが、筆者が10代の頃にラジオを録音したり、友達から借りたCDをダビングしたりして集めたもの。

ところが、懐かしくなって聞き返したくても、再生機器はすべて処分して手元にない。今さらテープデッキを買うのももったいないな、と思っていたときに見つけたのが「Tape Express」。実売価格も4000円程度とお手頃ながら、カセットテープの音源をデジタル化できるというアイテムだ。

見た目は、昔からあるポータブル型のカセットプレイヤーそのもの。昔と違うのは、USBコネクターが付いていて、パソコンにつながるところ。製品に付属している専用録音ソフトを使うことで、カセットテープの音声を簡単にMP3などのデジタルデータに変換できる。

付属のソフトの使い勝手も考えられており、例えば曲と曲の間の無音部を検知して、ファイルを分割したり、テープが停止したら録音を自動的に終了させたりできる。なのでデジタル化作業を開始したら、放置してOKなのもうれしいところ。

パソコン接続時はUSBバスパワーで動作するが、乾電池でも動作可能。ヘッドフォン出力もあるので、ポータブルカセットプレイヤーとして使うこともできる。

筆者のように、捨てられずにカセットテープを溜め込んだままの人、Tape Expressなら値段の面でも、手間の面からもリーズナブルにテープの音源を復活させられますよ。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-14 21:07 | NEWS

NEWS<札幌 住宅街で新たにクマ目撃>

 故・吉村昭さんの「羆嵐」という実話を元にした小説があります。

 それはそれは恐ろしい事件です。

 北海道で、クマといったら、本州での「ツキノワグマ」とは違って、人をエサにしてしまう「ヒグマ」を指します。

 それだけで、私は、北海道に行きたくない、北海道に住みたくないぐらいです。

 とは言え、ロシアに住んでいる同種のヒグマとは比べ物にならない小型なんですけどね。(これはロシアのヒグマが超でかい、っていうことで、北海道のヒグマもでかいってことですからね)

記事全文です。
===
札幌市の市街地などでクマの目撃情報が相次ぐなか、8日夜、札幌市西区の住宅街にある公園でもクマを見たという通報があり、警察は付近のパトロールを強化するなどして警戒を続けています。

8日夜10時半ごろ、札幌市西区西野にある公園で「体長2メートルほどのクマが木のそばに立っている」と公園の前をバスで通りかかった女子高校生2人が警察に通報しました。通報を受けて、警察と札幌市が現場に確認に向かいましたが、クマの姿は確認できなかったということです。現場の公園は住宅街にあり、今月6日の夜にも近くでクマが目撃されています。札幌市の市街地ではクマの目撃情報が相次いでいて、これで14件になりました。警察はパトロールを強化するなどして警戒を続けています。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-09 11:35 | NEWS

NEWS<小学生乗ったバス、崖下に転落=岐阜の児童ら39人負傷、運転手死亡>【追記】

 私はバスの転落事故で思い出してしまうのは、がけ下にバスが何台か転落して多くの犠牲者を出した、古い古い事故(飛騨川バス転落事故)。私ももう古くなってしまったけども。
===
飛騨川バス転落事故(ひだがわバスてんらくじこ)とは1968年(昭和43年)8月18日、岐阜県加茂郡白川町の国道41号において、乗鞍岳へ向かっていた観光バス15台のうち、岡崎観光自動車所有の2台のバスが、集中豪雨に伴う土砂崩れに巻き込まれて増水していた飛騨川に転落し、乗員・乗客107名のうち104名が死亡した事故である。日本のバス事故史上における最悪の事故となった。
===ウィキペディアより

 今回は、運転手さんが、運転不能になるような病気に遭われて、運転が困難になったことによる事故と報道されている。

 で、最近、ありがたいなぁって思うのは、バスにもシートベルトが義務付けられていることかな。
以前なら、こういう事故の場合、犠牲者はこれほど少なくなかったはず。最近は、それほどひどい落ち方をしない限り、亡くなる方は少ない。

 昔、自動車に、シートベルトが義務づけられた、という時代があった。
外科医の兄が言った言葉が印象的だった。

 「シートベルトが義務付けられて、何が減ったって、額を縫う回数が減った」

 これほど、シートベルトの効果を表す生々しい言葉はないだろうと思った。

 できれば、運転手さんにも生還して欲しかった。もっとも、こっちは、シートベルトの有無の問題ではないけど。ご冥福をお祈りします。

飛騨川バス転落事故について
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-08 07:36 | NEWS

NEWS<思わず涙が出そうになる、台風下での駅員や車掌の「非常事アナウンス」>

 私が乗っていた中央線快速電車でもありました。。。

 武蔵小金井駅でのこと。。。

 「次は高尾に止まります」

 ってさ、豊田と八王子間が強風で止まっているはずなのに、どうして、武蔵小金井の後に高尾に行くの?

 ちなみに、駅はこうなっています。。。

 武蔵小金井-国分寺-西国分寺-国立-立川-日野-豊田-八王子-西八王子-終点の高尾

 走り始めてから。。。「次は国分寺です」って言い直されました。

 お客さんの中から、なぜか「ホッとするため息」が聞こえてきました。

長いけど、楽しいから記事全文。
====
台風や震災といった非常事態では誰もが不安になるものですが、こんなときだからこそ思いもよらないドラマが生まれるものです。

特に、自然災害に見舞われたときの駅構内や電車内は、涙あり笑いありのドラマの連続。普段と違うアナウンスをする鉄道の駅員や車掌のセリフが、あまりにもアツいとネット上で話題になっています。

車掌の、とっさの判断による緊急時でのアナウンスは、帰宅できるかどうか不安の渦中にある乗客たちの緊張を解し、さらには希望と感動をも与えます。そんな、思わずプッと笑いがこみ上げる特別アナウンスをツイッターのまとめサイトよりご紹介します。昨夜の台風のなか、駅では、電車内では、いったいどんなアナウンスがされていたのでしょうか。

【車掌・駅員さんのアナウンスまとめ-おもに非常時-】(togetter.comより)

駅員「武蔵野線は通常通り……じゃねーや! 20分遅れで運行しています」

車掌「横浜線、この電車のみ運転致します。行けるところまで参ります! ご乗車になってお待ち下さい!!」(乗客、大爆笑)

車掌「行けるところまで、行きます!」 (中央線 乗客爆笑)

駅員「小田急電鉄をご利用の皆様、残念ですがいいお知らせではありません。大変悲しいお知らせです。風速が25mを越えましたので小田急は全線…」(もったいつけるな!!)

駅員「電車に乗るのは諦めて会社に帰ってくださーい!!!」

車掌アナウンス「矢向駅から川崎駅まで歩いて25分くらいかかります」(暴風のなか歩くか! と乗客苦笑)

駅員「風速25メートルから30メートルになりました!」(「新記録です」的なテンションの上がりかたにイラッ)

駅員「災害ですので仕方ないんです。僕は風を止められませんから!」

車掌「皆さん申し訳ございません。私運転士はこの仕事を選んだプライドがございます。みなさまを無事送り届けるまで頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします」(泣けた)

車掌「この電車の業務から6時間、疲れていないと言えば嘘になります。しかし、私にもこの仕事を選んだプライドがあります。皆様を安全にお届けするまで頑張ります!」

駅員「みなさん、押し合わずに落ち着いて(改札に)入るって約束してもらえますかー? (皆無反応)大丈夫ですね? (無反応)……わかった人手ぇ上げてぇーっ! (皆無言でなぜかSuicaを掲げる)……はい、ありがとうございますっ! 電車到着でーす!」

駅員「東海道、京急、京浜東北、東横…横浜に帰る術はありませんっ!」(すごいかっこよかった)

車掌「えー宇都宮線上野行き、只今147分遅れで発車となりました」(ホームの乗客、笑い)

車掌「まもなく運転再開します(車内放送用)」「一度ドア開けちゃうよ!(たぶん内部会話用。
凄い元気)」「一度ドア開けます(車内放送用)」(内部会話が車内放送されてて、ちょっと和んだ)

車掌「ただいま列車は多摩川の上空を通過しております」(乗客、大笑い)

車掌「21時10分頃に運転の再開の見込みと、個 人 的 見 解 であります。もう少々お待ちください」 (車掌に惚れた)

車掌「早くおうちに帰りたい気持ちはわかりまーす、私も帰りたいでーす、でも押し合わないでくださーい、電車は逃げませーん」(ちょっと場が和んだ)

自分「今日精算できないんですか?」駅員「お金がありません」と涙目。

車掌「恐れ入ります!! もう少し、も~ぅ少しだけ、傘やお荷物をグッと、ググッと手前にお引き下さい!! ドアが閉められません」(長嶋終身名誉監督バリの擬音使い、笑ける)

車掌「この電車はまだ行き先が決まっていません」(乗客、笑い)

駅員「長旅、お疲れ様でした」の笑顔に泣きそうになった

駅員「埼京線、とりあえず一本だけ参ります」(ホーム乗客、笑い)

駅員「停車解除!」の生き生きとした声に感動

駅員1「ただ今東西線は中野‐東陽町、南北線は赤羽岩淵まで、有楽町線は有楽町‐池袋の運転となって」 駅員2「東西線止まったぞー!」 駅員1「東西線が止まりましたので間もなく南北線もとまりまーす!」(おいww)

車掌「現在この電車は信号停車しておりますが、その信号が青梅線のものか中央線のものか私にもわかりません」(じゃあ客にもわからんのう、とみんな大笑い)

駅員「本日は皆様にご迷惑をお掛けしまして、誠に、誠に、申し訳ございませんでした!!! 本当に申し訳ございませんでした!!!」(デカい声。よっぽど辛かったんだな)

自分「電車ってあと何本来ます?」駅員さん「果てしなく来ますよ。今来てるの昼間のですし」(現在時刻0:15)


【非常時以外での癒されたアナウンス】

また、このほか緊急時以外でも、車掌や駅スタッフの温かいアナウンスが流れ癒されたというエピソードも紹介されています。

車掌「今夜は月が綺麗です。進行方向左手に見えます」(混んでいる電車が、一瞬で和んだ)

車掌「踏切に人が立ち入りました」のアナウンス直後、あらゆる所から駅員が飛び出し猛ダッシュでホームを駆け抜け線路に飛び下りて、踏切に向かって走って行ったのを見たとき、スゲェと思った。

昔、夜遅い山手線で「只今、品川駅で……」で、車内に「チッまたかよ」と嫌な空気が流れたのだが、「線路でお客様が暴れております」で客爆笑。

駅員さんも大変だ。
このように電車内や駅構内では、めくるめく人情味溢れるドラマが繰り広げられているのです。忙しいみなさんも、これからはアナウンスに耳を傾けてみてください。そこには、乗客を思いやる車掌や駅員の温かいメッセージが込められているかもしれませんよ。
====
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-23 09:37 | NEWS

NEWS<大震災、生存者は平均19分で避難開始 わずか2分が生死をわける>

 先日来、似たようなニュースが出ています。

 「生存者の平均は19分」と出ていました。

 でも、間違ってはいけません。今後には、当てはまりません。

 19分なんて悠長なことは言わず、一刻も早く、わき目もふらずに逃げてください、高台へ。戻っては絶対にいけません。他の人を探しにも行ってはいけません。

 今回、親戚を探したり親を探したりして、多くの尊い命が犠牲になりました。そのときは大丈夫だったのに、探しにいったばっかりに。。。
私の周囲にもいます。それで亡くなった人が。本当に残念です。

 車の中で亡くなっていた方も大勢いました。
 すぐ高台があれば、車に乗る必要もなかったのでしょうが、歩いて1kmも老人や子供たち。。。無理でしょう。一概に、車ではダメとは言えません。


以下、記事の冒頭部分のみを抜粋
===
 東日本大震災から2011年9月11日で半年が過ぎた。気象情報などを扱う株式会社ウェザーニューズは8日、東北大などと共同で行った「東日本大震災 津波調査」の調査結果を発表した。調査によると、東日本大震災にともなう津波で浸水した場所にいた人のうち、生存者は地震発生後平均19分以内に避難を開始していたのに対し、犠牲者は平均21分かかっていたとみられる。わずか2分の違いが生死をわけたことになる。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-12 21:15 | NEWS

NEWS<福島原発20キロ圏で侵入盗、27倍の722件>

 火事場泥棒。こういう輩は、発見次第、射殺でしょう。


 もっとも、放射線被害で、苦しみながら、かも知れませんけどね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-11 12:09 | NEWS