144MHz アンテナ作成

 近所と言っても、日野市内で日本救助犬協会の訓練が行われ、本当であれば、本部役で行くはずだった。でも、ここのところの体調不良で、残念ながら今日はドタキャン。もしかしたら無線が聞こえるかも、って周波数を144MHz帯に合わせた。

 10時ごろになって、何かしら受信した。いろいろとアンテナを換えてみたら、結局50MHzのL型アンテナでしか受信できなかった。SWRは5ちかい。送信は無理だけど、受信ならなんとかなりそう。そうこうしているうちに、ベランダに144MHzのヘンテナが置きっぱなしになっていることに気がつき、これを上げてみた。SWRを計ったら、5より上、全く使い物にならない。

 こうなると何が何でも出たくなる、というのが無線家の心境。早速、ヘンテナの再作成に取り掛かった。144MHzのヘンテナは1m×33cmの長方形をしているんだが、430MHz用の長さ1m幅1cmのアルミの板だと弱すぎる。いろいろと試してみたが、前回も上手くいかなかったのに、今回も上手くいくはずも無く、試行錯誤の末断念。

 途方にくれるも、T字型の塩ビパイプを使用してL型アンテナを作成した。SWRは室内で限りなく1に近い。屋外に設置してもSWRは動かず、満足できるアンテナとなった。でも、その頃には訓練も終わったと見え、そのアンテナで本部の通信を聞くことはできなかった。
L型のアンテナは50MHzでも飛びは実証できているので楽しみではあるが、無線機はハンディ機しかないので、ちょっと残念。SSBはいらないから中古でいいから無線機が欲しいなぁ。

 今回の作成で、50MHz用のL型も作成できるめどが立ったので、年内に作成してみようと思う。今のは雨水の影響がたぶんにあるので、今日のように雨が降っていると、難しいのだよ。

 体調はまだ、そのままだけど、アンテナを1個作ってうまくいったので、ちょっと復活。うれしい。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-12-14 23:31 | 無線

<< 結論づけるわけではないけれど。。。 円満な三角関係 >>