ジャック・ライアン三部作

 親友のタケ・オキスさんから借りていたDVDを、昨夜から今日にかけて、やっと見ることができた。やはり、続けて観ると、その連続性がたまらなく面白い。

①パトリオットゲーム(ハリソン・フォード主演)
②レッドオクトーバーを追え(アレック・ボールドウィン)
③今そこにある危機(ハリソン・フォード主演)

 もし、②でもハリソン・フォードだったら、どんなに変わった映画になっていたか、なんて考えることもできる。①をアレック・ボールドウィンにしてもいいかも。①はハリソン・フォードにするには大人しすぎるかも、とかね。いろいろと考えられる組み合わせ。②は何度も観た事があるし、本で読んだことがあるので、今回は飛ばした。①と③はあらすじを知らずに観た。これもDVDならではの話だ。全く知識の無い状態でストーリーが進んでいくのは、わくわくするが、①は、ある程度筋書きが見えてしまって、ちょっと弱いかな。③は、最後にCIA副長官代行役のハリソン・フォードが命がけで部下を救出に行くシーンなどは、エアー・フォース・ワンの大統領役を思い起こさせる。

 本も出ていることだろうから、是非、読んでみたい。

 やっと、読みたい本が現れたかもしれない。楽しみだ。



 最後に、このシリーズのDVDを貸してくれた、タケ・オキスさん、ありがとう。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-10-19 21:21 | 日記

<< んーん。むむむ。。。またしても「石」 車のお披露目しますね >>