帰宅困難者対応訓練 ~持ち物・服装~

 持って行ったものはこんなもの。

 凡例) 赤字:持って行ったけど使わなかった。
      黒字:もって行って使った。
      青字:用意したけど、結局置いていった。
      緑字:持って行けばよかった。
      斜体:普段通勤時に持って行っているもの。

無線関係)

 無線機VX-7、無線機VX-3、アンテナ144MHz用1/2λホイップ、アンテナフレキシブルホイップ、ヘッドセット×2、同軸ケーブル、アマチュア無線免許証・免許状、メモノート、ペン
無線機VX-7取扱説明書、アンテナ430MHz用ホイップ、アンテナVX-7用ホイップ、アンテナVX-3用ホイップ
VX-7用ハンドマイク、
カセットレコーダー、予備バッテリー

雨具) ・・・いくら天気予報で降らないと言われても、降水確率90%の雨男ですから。

 ゴアスティックの雨具上下、折りたたみ傘

薬等)

 糖尿病用常用薬糖尿病用非常用薬、痛み止め薬、救急災害ハンドブック、三角巾、蘇生用マウスピース

食料)

 水350ml、ウイダーエネルギー1個、カロリーメイト、ガム、龍角散のど飴、梅干、ウイダーエネルギー1個

服装)

 若干厚手のズボン、気に入っているTシャツ、通勤時使用の革靴、帽子、5本指靴下、
タオル2枚、ハンドタオル、替え靴下、
下着上下、
まめ蔵Tシャツ、軍手、折りたたみ杖、
HEDGRENリュック(A 20105991)、HEDGRENウエストポーチ(E 249007)。

その他)
ポケットティッシュ、予備乾電池単3×6本、
ポケナビ、
デジタルカメラ、名刺

さて、実際の災害時に欲しいと思ったのは、これ。。。

 無線機一式(ラジオ代わりにもなる)、軍手、杖、カッパ(上下)、タオル、ポケットティッシュ、予備電池、帽子(できればヘルメット)、ウイダーエネルギー、カロリーメイトなどの食料、ガム、のど飴、痛み止め薬、救急災害ハンドブック、三角巾、ヘッドランプ、ホカロン、湿布、水。

AS(エイドステーション)で得られたもの。。。

 水、お茶、バナナ、お菓子、ポケットティッシュ、飴  かな。
大規模なところでは、炊出しを受けました。


ちなみに、他の方は、ほとんどが軽装でした。時々弩派手な方がいらっしゃいましたが。スーツ姿で(たぶん)奥さんが小さなリュックを持って歩いているのも見かけました。




最後に、重宝したのがこれ、
f0187499_10514324.jpg
出発直前に家内からもらったもの。これは意識が朦朧としていても、利用することができました。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-09-24 10:30 | 災害・ボランティア

<< 帰宅困難者対応訓練 ~何を食べ... 帰宅困難者対応訓練 ~ルート説明~ >>