「ほっ」と。キャンペーン

NEWS<カセットテープをパソコンに取り込めるUSB接続のプレイヤー>

 私はその昔、高校の頃からかなぁ、エアーチェッカーだったんです。「エアチェック」って死語ですよね。
つまり、FM放送から音楽などを録音していた、ということです。

いろんなものを録音しました。

 FM放送から音楽は日常的録音しており、さらに、FM放送でのラジオドラマなんかも大好きでした。サウンドルポルタージュなんかも録音しておりました。また、AM放送でも、好きなアーティストの曲や、宇宙戦艦ヤマトなんかも録りました。

 カセットデッキを買う前までは、モノラルのラジカセで録ってましたので、録音ボタンを押してから録音されるまでのタイムラグを考えてボタンを押す技や、CMがいつ終わって、曲がどのタイミングで始るかなんか、とっても真剣でしたね。一発勝負ですからね。

 仕事をするようになってからは、オープンデッキを買って、まとめてそれに何時間分も録って、その後でダビングをしておりました。随分楽に録音できるようになったのを覚えています。

 そして、その録ったテープの数は、優に100本以上にもなり、今もあるわけです。
その古さでいうと、なんと、中学3年生の時のカセットテープもあるんですよ。

 で、いつの頃からか、それをMP3に変換したいと考えていて、既にやっているんです。
私の場合は、オーディオ信号を変換する装置【Sound it】をパソコンにつないで変換しています。でも、昔買ったカセットデッキが、そろそろいかれてきていて、どうしようかと思っていたところで、この記事でした。

実際の使用感をレポートしているサイトもあるようなので、「Tape Express」で検索してみてください。
ちょっと使うにはコツが必要なようです。

記事全文。
===
久しぶりに実家に帰ったときに物置をあさったら、たくさんのカセットテープが出てきた。そのほとんどが、筆者が10代の頃にラジオを録音したり、友達から借りたCDをダビングしたりして集めたもの。

ところが、懐かしくなって聞き返したくても、再生機器はすべて処分して手元にない。今さらテープデッキを買うのももったいないな、と思っていたときに見つけたのが「Tape Express」。実売価格も4000円程度とお手頃ながら、カセットテープの音源をデジタル化できるというアイテムだ。

見た目は、昔からあるポータブル型のカセットプレイヤーそのもの。昔と違うのは、USBコネクターが付いていて、パソコンにつながるところ。製品に付属している専用録音ソフトを使うことで、カセットテープの音声を簡単にMP3などのデジタルデータに変換できる。

付属のソフトの使い勝手も考えられており、例えば曲と曲の間の無音部を検知して、ファイルを分割したり、テープが停止したら録音を自動的に終了させたりできる。なのでデジタル化作業を開始したら、放置してOKなのもうれしいところ。

パソコン接続時はUSBバスパワーで動作するが、乾電池でも動作可能。ヘッドフォン出力もあるので、ポータブルカセットプレイヤーとして使うこともできる。

筆者のように、捨てられずにカセットテープを溜め込んだままの人、Tape Expressなら値段の面でも、手間の面からもリーズナブルにテープの音源を復活させられますよ。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-10-14 21:07 | NEWS

<< NEWS<桜島・昭和火口... 震災から7ヶ月。。。震災直前、... >>