NEWS<大震災、生存者は平均19分で避難開始 わずか2分が生死をわける>

 先日来、似たようなニュースが出ています。

 「生存者の平均は19分」と出ていました。

 でも、間違ってはいけません。今後には、当てはまりません。

 19分なんて悠長なことは言わず、一刻も早く、わき目もふらずに逃げてください、高台へ。戻っては絶対にいけません。他の人を探しにも行ってはいけません。

 今回、親戚を探したり親を探したりして、多くの尊い命が犠牲になりました。そのときは大丈夫だったのに、探しにいったばっかりに。。。
私の周囲にもいます。それで亡くなった人が。本当に残念です。

 車の中で亡くなっていた方も大勢いました。
 すぐ高台があれば、車に乗る必要もなかったのでしょうが、歩いて1kmも老人や子供たち。。。無理でしょう。一概に、車ではダメとは言えません。


以下、記事の冒頭部分のみを抜粋
===
 東日本大震災から2011年9月11日で半年が過ぎた。気象情報などを扱う株式会社ウェザーニューズは8日、東北大などと共同で行った「東日本大震災 津波調査」の調査結果を発表した。調査によると、東日本大震災にともなう津波で浸水した場所にいた人のうち、生存者は地震発生後平均19分以内に避難を開始していたのに対し、犠牲者は平均21分かかっていたとみられる。わずか2分の違いが生死をわけたことになる。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-09-12 21:15 | NEWS

<< 田舎に行った NEWS<9/11無線交... >>