暑い夏が近づくと

不思議なことに戦争に関わる本を読んでいることが多い。

輸送船で、敵の潜水艦に魚雷を食らってなすすべもなく死んでいく人のことや、特攻隊だけど海に落ちてしまったり、飛び立つ前に落とされたり、訓練中に亡くなったり、終戦直後に亡くなったり、ともかく、本来の目的を達成できずに亡くなった人たちの話だ。

自分にはなにもできない。ただ、冥福を祈るだけなんだけど。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-06-29 18:58 | 日記

<< 自分の身体がいとおしい 安定した感じが馴染めない >>