NEWS<【陸前高田】小友中が22日運動会 復興願い決断>

岩手日報ニュースから。

母校です。

遠くから、ただただ、成功と復興を祈っています。

ボランティアや自衛隊、その他さまざまな方のご尽力により開催可能になったと聞きました。

ありがとうございます。

冒頭の抜粋です。
===
 東日本大震災で被災し、校舎が使用不可能になった陸前高田市小友町の小友中(加藤清校長、生徒36人)は22日、隣接する小友小の校庭で運動会を開く。ボランティアらの献身的な作業で校庭内のがれきが取り除かれ、可能になった。敷地周囲にはまだまだ散乱し生々しい津波の爪痕が残るが、はつらつとした姿を住民に見てもらうことで「地域に元気を取り戻したい」と開催を決めた。

 運動会は徒競走やリレー、8人9脚、タイヤ引きなど12競技を予定。保護者らと一緒に取り組む親子綱引きも盛り込んだ。

 生徒会が決めた運動会のテーマは「未来へ進もう、われらの故郷のために」。一生懸命運動会を盛り上げることで地域の人たちに感謝を伝え、復興への力につなげたいとの願いを込めた。

 例年は1日がかりで行っていたが、今年は午前中だけで、競技数も減ることになる。それでも生徒たちは一丸で準備に打ち込めることがうれしくてたまらない様子で、前日まで毎日続く練習に臨んでいる。
===
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-19 23:55 | NEWS

<< NEWS<「直ちに」は「今の状... NEWS<大地震を予言した人っ... >>