NEWS<原発事故恐れ休暇、県外へ=生活市民部職員を処分>

Yahooニュースから。

全文。
===
 福島第1原発事故による被ばくを恐れ、3月17日から2日間休暇を取り、県外へ避難したとして、茨城県土浦市は10日までに、生活市民部の男性主幹(33)を訓告処分にした。また、3月下旬に4日間ずつ休暇を取得したとして、51歳と48歳の同部課長補佐を厳重注意とした。
 市は「全職員が24時間体制で働いていた中で、このような行為は市民からの信用失墜を招きかねない」と説明している。
===

 まず、この職員の行動は素直だと思いました。いくら24時間体制で働いているとは言え、被爆の可能性を考えたら、こういう行動も有り得るかな、って思いますよ。

 逆に言えば、万が一の被爆を職場が保証してくれるわけではないでしょう。国だって補償しないでしょう。そうしたら、逃げるは、十分に正当な判断だと思いますけどね。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-05-11 10:52 | NEWS

<< NEWS<広がるボランテ... NEWS<「遊びの場所み... >>