10人目からの便り

帰宅後の日課
被災地からの声

 地震後すぐに送った「大丈夫?」メールへの最後の方からのメール連絡が、さきほど届きました。

 実に、50日ぶり。

 岩手県大船渡市大船渡町永沢に、電話が通じインターネットが可能になったという連絡でした。

 また、ライフラインの情報や、親戚の安否も。。。

 電気は地震後4日めほどで付いたけど、水がなかなか出なくって、高齢者なものだから、水を得るのに大変だったと聞きました。
また、親戚の方が、その後どうなったか、また行方不明者がどうだとか。。。

 さらに、子供は大丈夫だけど、そのご両親が見つかっていないなど、数々の悲惨な情報が入ってきました。

 この10人目の方の自宅は、とても高台にあること、周囲からの情報で、生存は確認されておりましたが、やはり声を聞くと安心します。

 コタツに入れて温まる事ができることだけでも、今は幸せだと言っていたことが、とても印象に残りました。



 それにしても、出したメールの全員生存。

 ありがたかったです。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-04-30 16:53 | 災害・ボランティア

<< 母が降臨? NEWS<英王子挙式速報... >>