NEWS<首都直下地震起きたら帰宅難民650万人、避難所生活460万人>

eXciteニュースから。

全文です。
====
国の防災基本計画を作成する「中央防災会議」の「首都直下地震対策専門調査会」が2005年7月に公表した、首都直下地震が起きた場合の被害想定によると――

●避難者
地震発生初日に700万人。うち避難所生活者は460万人で、1か月後も270万人が避難所で暮らす。

●帰宅困難者
東京都内で390万人、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)では約650万人。

ちなみに3月11日、東日本大震災当日の夜に都内で発生した帰宅困難者は約10万人とみられる。実にその39倍の人々が都内に取り残されることになる。首都直下地震避難対策専門調査会委員で危機管理アドバイザーの国崎信江さんが「(中央防災会議の想定した)数字はむしろ甘いという見解もある」と前置きしたうえで、続けた。

「都内の帰宅困難者は100万人単位になるのではないでしょうか。都内全域が東京マラソンのようなイメージになる。直下型地震直後となれば、超高層ビルからいろいろなものが落ちてきて目の前でバタバタと人が倒れる、火災が起きても逃げるに逃げられないということになりかねません。学校や事業所は、生徒や社員をその場にとどめ帰宅させないようにすべきです」
====

 今回の大震災で、実際に歩いた人が、うちの会社でも多くおりました。

 私は、歩きませんでしたけどね。
部署内では、最後まで会社に残りました。歩かず、翌日の昼過ぎに、通常ルートで電車に乗って、普段よりちょっと遅めに帰宅しました。
帰宅困難者訓練で、22km歩いた経験を持ちますが、寒いし、夜だったし、結石の痛みもあったので、無理はしませんでした。

 今回歩いた人は、きっと、近場で地震が起きたら、また歩くと思うんですよ。
でも、街の中の状況は全く異なっていると思いますよ。

 まぁ、日中だったとしても、足場が悪い。いつ、上から何が落ちてくるか分からない。火事や煙も迫ってきているかもしれない。津波だって、少なからずあるかもしれない。
歩く速度は、通常の1/3よりも遅くなる可能性があります。
とても体力的にもたないと思えます。

 では、会社に残るのか。。。。

 これも難しいかな。

 火災の状況、食料の状況、建物の状況で、そこにいない方がいい場合も考えられます。

今回は、単に電車が止まっただけ、でしたけど、次は、どうなるかわかりません。

備えは必要ですが、今回のように簡単にはいかないことは確かと思います。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-04-18 20:39 | 災害・ボランティア

<< 電力がかかりすぎるから「やめち... NEWS<先人の教え、津波から... >>