働く意欲を取り戻してもらうために

 腕に技術を持っている人に。。。

 床屋さんには「はさみ」を、大工さんには「かんな、かなづち、のこぎり」を、農業をする人には、まず「田畑」を、「塩害に強い種」を、「農機具」を、印刷やさんには、「輪転機」「プリンタ」を。

 みたいにね。

 それぞれの分野で元気な人が、ちょっとつまずいている人に手を差し伸べることで、もしかしたら「ちょっとリハビリを兼ねて、やってみようかな」っていう気になるかもしれないし、それが、結果的に、被災者のためになり、「おれもそろそろ身体をうごかしてみるかな」っていう気を起こさせるきっかけになるかもしれないし。

 なんか、そんなことってできないのかな。

 今までは客だったけど、ちょっと手を差し伸べて、お金での支払いということではなく、今までのお礼という意味で、なんか元気付けられる、その人がまたその会社が再建できる何かを、差し伸べる事ができたら。

 そんなこと、できないのかな。

 って、これは、別に災害に限ったことではないんだよ。実はね。
でも、今この時、今まで元気だった人に、何もなくなって落ち込んでいる人に、ちょっとの手助けで、立ち直るきっかけだけでもいいんだよ。

 そういうことって、できないのかな。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-04-17 10:59 | 災害・ボランティア

<< シンボルを守るのも大事かもしれ... NEWS<問われる日本のエネル... >>