どこを探したらよいのやら・・・

 捜索を終わり現地から引き上げてきた方のお話。

 もう、どこを探したらよいのか、わからないし、同じところを探したり。。。


 という話を聞いたあとで、この映像を見た。

津波が押し寄せているところの映像です。http://www.47news.jp/movie/general_national/post_2953/

 場所は陸前高田市役所の屋上です。
波が屋上すれすれまで来ているのがわかりますか。約20mほどでしょうか。さらに、後半になると屋上が濡れているのがわかります。つまり波が一時的に屋上まできた、ということでしょう。

 津波は引き潮も怖いのです。

 「どこを探したらよいのやら・・・」

 どこって、それはやっぱり海なのではないでしょうか。

 過去の災害を書いた、吉村 昭氏の「三陸海岸大津波」を読むとわかりますが、昔の人は、砂に浮き出た油を探して歩いたとあります。そこを掘って遺体を収容したのだと。また、底引き網で引いて、何十人もの遺体を引き上げた広田町の話も見られます。

あまり、こういうことは書きたくありませんでした。それに、過去のを読めばわかりますから。

でもね、現地からの情報を聞くに、どうも、そういう捜索がされていないように思えました。

米軍さんとの捜索もかなり大規模だったようですが、果たして、海中、海底まで探したのか。

まぁ、何度と無くここに書いていますが、過去のを読めば、20m以上の津波が押し寄せてきていることはわかるんですよ。いまさら、どうしようもないことでしょうけどね。

そういうところが、私は悔しい。

今日も、また同級生の名前をみつけました。5人目です。まだまだ消息が不明な方はおります。

私はただただ、悔しい。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-04-12 22:58 | 災害・ボランティア

<< NEWS<黒澤明の映画『夢』が... 揺れの順番 >>