まだ押しかけられる状況ではないでしょう

 今週末、実家がある陸前高田市に入る人は、私が知っているだけで、6組ある。

 首相も入れてですけどね。

 やっと物を除(よ)けて確保した道は、まだその周辺で見つかっていない人たちを探すための道だと、私は思っています。

 ちょっと車を止めて、もし瓦礫を除けたとき、そこに犠牲者を見つけても、みなさんは大丈夫なのでしょうか。
大丈夫かどうか、というのは、きちんと届けたり、連絡したり、運んだり、できるのでしょうか。

 まだまだ多くの行方不明者がおります。壊れた家を探したりしている被災者も大勢います。

 そういう方々を、さらに傷つけないように、お願いします。


 もうひとつは、地震や津波がまだ収まっていない、ということです。

 流れてしまって、以前よりも早く波が押し寄せる可能性があります。

 そのときに、はたして逃げ切れるでしょうか。

 今回の波は早かったですよ。高さもありましたよ。道もまだ、完全に元には戻っていません。

 道の両脇の瓦礫でパンクを起こすかもしれません。渋滞でもしたら、二次災害は避けられません。

 タイヤ交換や、タイヤ修理ができない方は邪魔になるだけです。

 車を捨てて、逃げ切れる自信はありますか。

 まだ、普通の状態ではないのです。



 私は、今回入ろうとしている人たちの多くは、まだ入るべきではないのではないかと思います。

 ぜひ、再考されてください。






 それとも、私の考え方は突拍子もないものでしょうか。

追記・・・

 とは、言うものの、出かける人がいるから、現地からの声も聞けるというものですよね。
ちょっと、考えが変わったかも。

でもね、危険性は高いままだと思いますので、気をつけてお出かけください。

お願いいたします。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-03-31 20:37 | 災害・ボランティア

<< 現地からの声が届いた 身元推定者情報  というのがある >>