陸前高田市小友町(追記)

下の写真は、陸前高田市と大船渡市の境に位置する、箱根山から、私が2004年に撮影した写真です。
(クリックするとはっきり見ることができます)
f0187499_20484731.jpg


f0187499_20502727.jpg

 位置的には、こうなります。写真の手前が、地図の上の箱根山の頂上付近になります。矢印にはさまれているところが、写真の端と端になります。

 この写真の山と山の間のほとんどが今回の津波でやられたところになります。

写真の右手(広田湾の奥)から防潮堤を乗り越えて、写真の左手(太平洋方面)までです。あるいは、太平洋側(左側)からも襲ったにちがいありません。

このため、広田半島が一時的に島になった、と聞きました。

私の実家はこの写真の左より、こちら側(箱根山のふもと)に位置しますが、そのすぐ近くまで波が来たそうです。

 想像できない、信じられない事態です。



以下、追記。。。
f0187499_21232678.jpg
追記後の最初の写真。手前が、小友町柳沢地区。前方が、三日市地区、そしてその先に見える海が広田湾です。
道(旧国道45号線)がまっすぐになっていますが、津波の前に、交差点ができて、ちょっと曲がりくねっていました。が、津波はおそらく、私が写真を撮るさいに立っていた場所まで来たと推測されます。
ここから見えるところは全部やられたものと思われます。

f0187499_21233816.jpg

 最後の写真。手前が、先ほどの写真を撮った場所(ほぼ)。前方が大船渡市末崎町へ抜ける、旧国道45号線。右手に中学校が見えます。津波は、この中学校を破壊し、おそらく、二台の車がすれ違っている場所あたりまできたものと思われます。

いずれにしても恐ろしい光景です。想像したくありません。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-03-18 20:57 | 災害・ボランティア

<< その連絡は、16日の朝に届いた 被災地からの声 >>