そろそろ行かないと

暮れに、歯医者さんから大学病院への紹介状をもらった後、すぐに結石の痛みがひどくなったために延ばし延ばしして、3ヶ月経とうとしている。

そこで、本来なら予約してから行かないといけないところを、待ってもいいかなって思い出掛けた。

着いたのが、受け付け終了間際で、しかも外は暗くなってしまった。

受け付けからは、案の定、断られそうになり、押し問答になった。
それでも、何とか理由を付けて受診できることになった。

待っていると、理由がわからないけれどワゴン車に呼ばれた。
車が動き出し暫くすると、両足を広げて座るように言われた。
言われる通りにすると、細いゴムのチューブを持ったお医者さんとうら若き女性二人の看護婦さんが現れ、いきなりそれを股間に持ってきた。

何か見たことがあるこの光景。

そうだ、膀胱の内視鏡検査だ。

なんで、歯医者さんで膀胱の内視鏡検査なの?

しかも、車が揺れていて、いきなり危ないじゃん。






って、揉みあっているところで目が覚めた。
[PR]

by ja1toep1 | 2011-03-05 03:47 | 日記

<< NEWS<歯をボロボロに... 見たものを確認しているうちに >>