<証拠改ざん>「皆に認められたかった」前田検事が動機供述

 動機は意外と単純だったねぇ。

 私はてっきり、この人は、敏腕な検事ではなく、単なるパソコンオタク、なのかと思ってましたよ。
どんな会社にもいるよ、こんな人、一人ぐらいは必ずいる。私物のPCを会社に持ってきたら情報流出のリスクがあるから、持って来てはいけないことになっているのに、あえて持ってきて、こそこそ(みんなからはわかっているのに)なんかしている人。

 ある会社では、「誰かHUB持っていない?」の問いにポケットから「はい」って出したやつがいたな。こやつも相当なマニアックな人でした。
※HUBとは、LANケーブルの1本を何本にも分けられるテーブルタップみたいな器具。サイズとしては、PCのキーボードぐらいのサイズのものから、片手に収まるぐらいのものまでさまざま。

 会社のリスクより自分を優先する人っているよね。この人もそういう人なんだね。

 ところで、動機は単純だったけど、その性で、犯人に仕立てられてしまった人がいたかもしれない。重大な犯罪だよね。ゆるせないよね。



 認められたいと思うのは人間誰しも持っていることだとは思いますけど、先日受賞したノーベル賞の方々のように、人生のほとんどを研究に費やして、何年もかかって世の中に認められる人もいる、ということですよ。
大変だけどね。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-10-09 11:55 | NEWS

<< このブログの期間が トルネード >>