兄弟

選んだ仕事も辿った道も、育った環境も、ずいぶんと違うもので、もう昔の心から、お互いに離れ放れになったのかと思っておりましたが、そんなことは無いようでした。

何十年か振りに、長い時間しゃべって、仕事の仕方、ものの考え方があまりに似ていて、とっても驚いたし、新たな発見だった。

子供の頃に仲が良かったと思っていても、その後、ずっと離れてしまって、言っていることが違ってきた時に、あの頃の心を忘れたのか、とか、冷たい心に変わってしまったのかと、つい相手を責めてしまっていたけれど、本質は変わっていなかったのだと。
考えた結果は違っても、それまでの考え方は変わっていなかったのだということを知ることができたことは、大きい。

お互いが腹を割って話をすることが必要だったんだということですね。
[PR]

by ja1toep1 | 2010-06-20 06:54 | 日記

<< 何を今さら その辺りに出掛ける感覚で >>