ヒマラヤで花見会

 昨日、多摩丘陵の、平山城址公園(私たちの呼び名は「ヒマラヤ」)で、日野、立川近辺のお仲間各局で花見をしてきました。

 頂上は北方向に開けている場所で、移動無線を楽しむには、最高のロケーションです。
以前は、車で簡単に登っていきましたが、今回は、車もないし、徒歩で行ってきました。

 京王線の平山城址公園駅で下車し、ほぼ真南方面に、一気に上っていくルートが用意されています。
傾斜は急ですが、周囲に畑あり、ウグイスは鳴いているし、草のにおいもいいし、田舎育ちの私としては、田舎を思い出させるようないい感じのルートです。
ルート案内図は、それなりに用意されていますが、本当にあるのかどうか、と疑ってしまうと、確実に迷うルートです。私は、途中、2人の地元の方から教えていただき、迷いながらも上りました。
最後の100mほどは、無酸素、北登稜からの直頂状態になりまして、普段の運動不足を恨む結果になりました。

 さて、今回参加した方々は、企画者のタケさん(右手前)、実は隠れたわれらのボスのB▽Pさん(右奥)、電源のことなら任せてねのKENTさん(正面)、そして、今回、私たちの無線を聞いて差し入れ持参で飛び入りで参加いただき、さらに、帰りには車で送ってくれたLW△さん(左)。そして、私(撮影)。
f0187499_11275696.jpg


 桜は満開。気温も15度以上。風は、頂上付近はありましたが、私たちの花見の場所は、山陰なのでしたので関係なく、雲の流れによって、照らされたり陰ったりで、まずまずの天候でした。
見物人は、ぼちぼちで、小規模の花見があちらこちらで開かれている感じで、大規模なものが無かったので、そんなに騒がしくもなく、良かったです。(一番にぎやかだったのは、きっと、私たちだったかもしれません)
初めてご対面する方もおりましたが、そこは、他人とおしゃべりするのが大好きな無線家たちですし、交信もしたことがある人だったので、楽しく、盛り上がりっぱなしでしたね。

いやー、実に愉快で楽しかった。




その反動で、帰宅後、ぼろぼろな自分がおりました。 
実は、ここのところ(年度末、年度始め)の仕事の忙しさで、それまでの殺人的な忙しさの後の緊張もあって、精神的な疲労はかなりのものだったんですね。それが、昨日の登山兼花見の登山の方で、体力的にも疲労が出て、精神面と体力面とがバランスよく疲れてしまったんでしょうかね。

 もう、体も痛いし、眠くもあるしで、今日(日曜日)は、ぼろ雑巾のようになっています。でも、これで、回復できれば、心身ともに健康な、なかちゃんになれるかな?
[PR]

by ja1toep1 | 2010-04-04 11:43 | 無線

<< とても気になった ヒューマンエラー >>