好意でやっていることに

仕事で、本来、私の仕事ではないけれども、たまたま時間があったから、とか、相手の状況でやってあげることがあります。
今回の作業もそう。こっちだってトイレに行く暇もないぐらい忙しいのだけれど、相手との信頼関係の中でやってあげようと思った。いつでもいいからって。いつでもいいからって言われても、当然、今週中にはあげるつもりでした。

そこまでは良かった。

ところが、その人のプロジェクトの人が、いきなり現れて、やれと言ってきた。

もう依頼は受けているので、あなたに言われなくてもやるんだけど、優先度は低いよ。そういう約束だからね。

でも、なんかそういう感じではない。今日もその作業のために、重要なこちらの作業の優先度を下げた。しかも、残業してまで。

それでも終わらない。今日はここまで。これ以上やると明日に響く。今日は終わらないと言うと、露骨に嫌な顔をされた。
明日は出荷判定があるので続きの作業の優先度は下がる。

また、文句を言うようだったら、作業代を請求してやろうっと。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-12-02 20:44 | 日記

<< コーヒー派に 継続するということ >>