気象庁「防災情報、一元化が望ましい」

 先日の台風18号。
「8日朝に台風18号が本州に上陸した際、気象庁は「愛知・知多半島付近に上陸」と発表したのに対し、気象会社「ウェザーニューズ」が「三重・志摩半島に上陸」と独自の情報を発表し、ホームページなどに掲載したもの」とmixiニュースにありまして、気象庁が厳重注意したところ、発表したほうが「台風の上陸位置は防災情報にあたらない」と反論とあります。

 台風の上陸位置は、重要な防災情報ですよね、だれがどう考えたって。

 気象庁の情報の一元化管理は、もっともな発言でしょう。

 だからこそ、正確に発表しましょうね、気象庁さん。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-10-15 22:44 | NEWS

<< 新型インフルのワクチンを接種し... 新型でない証拠をみせろ!! >>