言葉

 攻撃的な言葉というか、感情を入れた言葉というか、そういう言葉で、またはメールで、ずいぶん、痛い目にあってはきたんですが、それをまたやってしまったらしい。

 事実だけを書いて、あとはお願いね、ってすればいいものを、今までの鬱憤をはらすような内容にしてしまったメールを送ってしまって、翌日、送った先の課長さんから叱られました。
その前は、まじめな話をちょっとちゃかした言葉で言ってしまって、パワハラととられたり。

過去の事件を。。。

★友人と一緒に旅行に行ったとき、友人の友人に対して、軽く言った冗談が冗談ととられずに、途中で帰られてしまった。友人の友人と、私とのつきあいは、それほど長くも無かったけれど、短くも無く。
私には、途中で帰るという体力も無く。。。なんとも後味の悪い旅行になってしまった。

★さっきと同じ、その男の人と、やはり東北旅行に行ったとき。メンバーはほとんど同じでしたが、部屋を同じにするかどうかの交渉中に、いきなり怒ってしまって、また途中で帰られました。どうやら、私の言い方に問題があったようでした。「いびきがうるさいから一緒の部屋になりたくない」と言われた同室の人の言葉の対処に失敗したわけですね。
これも後味の悪い結果になりました。

★2番目の会社の社長との話。
税務署での講習会の帰りに言った何気ない一言が、今までのその社長との信頼関係を裏切るようなことにまで発展。夏休みが終わって会社に行ったら、呼び出されて、めちゃくちゃ怒られた。こっちは寝耳に水。結局、社長の勘違いだったんだけど、私は、この社長を信用できなくなり、結果、2年半後に会社を辞めた。

経済学部卒業の私は、減価償却の授業を珍しく授業中に寝てしまって聴きそびれた。
税務署の帰りに、「車の減価償却ってどうやるんですかね」って気軽に聞いたことが、社長に「最近買った社長の車は、自費ではなく会社のお金を横領して買ったのではないか」「なかちゃんが、それを鎌をかけて聞いた」ととられました。これは、本当に驚きました。税務署の後に、すぐ夏休みだったんですが、帰ってくるまで、その社長夫婦が私に対して「そんなに信用していないのか、なぜ、そんなことを言われるのか」がわからず、1週間も夫婦で悩み苦しんだと聴かされました。

でも、言った言葉はその言葉だけですから、どうすればそんなことに発展するのか私にもわかりませんでした。結局、私の方が、どんどん離れていきました。疑えば疑うほど疑問が見えてきて、一緒にやっていけなくなりました。

今でも、その会社で仕事を続けたかったという気持ちはあります。よく夢に出てきます。一緒に仕事をやっている夢。「やっと一緒に仕事ができたぁ」ってホッとしたら目覚めた、とかね。仕事をずいぶんと教えられたので、その人の考え方は今でも私の仕事のやり方の中心を占めています。何年たっても色あせることなく、私の仕事への取り組み方のポリシーとして根付いているんです。

★4つめの会社で。
会社の同僚(部下)と飲んでいるときに、どうやら「使えねぇなぁ」って言ったらしい。でも、その人に向けた言葉では決してないのに、その人は自分に当てたものを思ったらしい。それから口を聞いてくれなくなった。
結局、その人が会社を辞めることになりそうだったときに、やっと聞くことができた。「確かに言ったかもしれないけれど、君に対しては、そんな風に思ったことは一度もないよ」と言って、やっと誤解が解けた。もちろん、本心でした。
4つ目の会社は、その後倒産したけど。



思い出すのは、こんなところかな。

昨日のことは、まぁ、しょうがないとして、信頼を回復するには、精一杯誠意を尽くして取り組むしかありません。いままでもそうやってきたけれど、まだまだ、足りないんだなぁ。きっと。

また、言ってくれた(教えてくれた)課長さんには感謝ですね。なかなか教えてくれないもんね、こういうことは。あなたのここが悪いんだよってね。ありがたいことです。

で、体力的に、精神的に、張り詰めていたものが、ここで、切れてしまい、今朝はこうして朝からこういうことを自宅で書いているわけです。もう少ししたら出社しますけどね。

⇒結局、休んでしまいました。会社。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-08-06 09:59 | 日記

<< <NEWS>ガムは... えっ、やってないの!? >>