1200初交信

 と言っても、hhn/1としてのですけどね。

 さて、常置場所と設置場所というのがありますよね。無線の免許の話ですが。
常置場所は、開局するときに無線設備をどこに置くか、ということなんですが、設置場所って何? 

最近無線設備を、常置場所はそのままに、設置場所のみ1エリア、ここ立川に変更しました。
意味は正直わかりませんので、どなたか教えてください。

で、この1200MHzなんですが、移動では1W出力しかできない。固定では10W出力できます。
さて、常置場所でないが設置場所では、何ワット(W)出せるのでしょうか?

そもそも、移動のときの1W制限って、どういう理由なのでしょうか?



という難しい問題は横に置いておいて。。。

今回のアンテナはこんな状態で設置されています。
f0187499_11281678.jpg

左端に見えるのは、430MHzの15エレ、方向は東固定ビーム。地上高は約3mでしょうか。
そして、その右脇に430MHzの八木にパラレルに設置されている(赤矢印の先)のが1200MHzのループ八木。
そして、その先に見えるのは、なんと、幅3mほどの空間。
そして、さらにその先2~300mほど先には立ちはだかるようなビルが建っています。(写真では見えないけど肉眼ではすぐそこに)

で、見えるかどうかわかりませんが、このアンテナ達は、若干、上向きの仰角がついています。
だってね、もし仰角つけなければ、この電波、全部、ここに反射されるんですよ。少しでも、拡散して、誰かの耳に届け、っていう、切なる想い。伝わるかなぁ。

1200MHzの電波以上にこの切ない想いの方が伝わったりしてね(笑)。








あー、屋上に上げさせてもらいたい。。。。い。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-08-02 11:36 | 無線

<< 車はEVで好調だけど、失業率が... 身も心も壊れるほどに >>