スペシャル受信機

 人間同士での通信の話。


 相性とかお惚気(のろけ)とかいう風にも取れますが。。。



 家内と私はかなり相性がいいって思っていて、例えば、家内がちょっとだけいなくなってもすぐ見つけたり、別々に出かけたときでも、家の玄関口でばったり会ったりするとか、結婚したら、同じものを持っていたりとか、パソコンだけで8台ぐらいになったとか、同じ傘の電灯を持っていたり、同じCDやカセットテープを持っていたり。。。
きりがないくらいなんです。

 ですが、もっとすごいのは、私が考えていることを家内が口に出す。家内が(筋肉痛などで)痛いところが私にわかったりする。

 私が発信者で家内が受信者なのか、逆なのか、わからなかった。

 でも、会社とか、知っている人と会っているときに、ふと、その人の痛いところがわかるときがある。
ってことは、私が受信機。相手が送信機? ってことになるんでしょうか。

 もちろん、体に触るのは、家内と、外では男だけですけどね。肩とかふくらはぎとかね、ちょっとね。
女性に触るなんて野暮なことはしませんって。


 私は、スペシャル受信機。プリアンプは付けてません。敏感なアンテナを付けているのかも。
無線屋としては、どの周波数を受信しているんだろうか、ってちょっと興味はあるけれど、きっと、そういうものではないんでしょうね。


 まぁ、なんかそういうお話でした。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-04-22 19:21 | 日記

<< 風邪、シャケ、石、次は何 連携プレー >>