たかがL型 されどL型

 もちろん、50MHzのアンテナのお話です。

 長さ143cmのアルミ板をL字につけて、同軸ケーブルを使ってのバランス給電(だけ)。

 たったこれだけなのに、さっき、和歌山県有田市が、かろうじて聞こえてきた。

 もちろん、空のコンディションのなせる業でもあるんだけれど。。。

 我が家のように、ベランダの横幅が3mに満たないところでは、50MHzの半波長である3mを確保することができず、高さも普通のマンションより低いので、縦にするわけにもいかず、苦肉の策としてのL型です。
実は、144MHzのアンテナもL型を作って持っていて、こちらもいい動作をしている。

こういうタイプのアンテナで430MHzも、って思うのは当然でしょう。

ただなぁ、これで3段ぐらい欲しいよなぁ、って思ってしまってねぇ。そうなると簡単にL型にすればいい、ってわけにはいかなくなるんだなぁ。。。

そうやって、いつもの悩みに入っていくわけなのさ。

ヘンテナなのか、八木ビームなのか、L型なのか、モービルホイップなのかだ。
ま、どれでも本当にOKなんだけどね、アンテナの場合には、やはり高さなんだな。まぁ、高さというか見晴らしが欲しい。

話は戻って、ここ立川のこの住宅に囲まれたこの階の地上高2m弱のL型で、今までやったことがある中距離の場所は、

横浜市、飯能市、南都留郡、つくば市。

今日、聞こえているのは、↓ いずれも信号は41。(了解度は5段階評価の3~4、信号は9段階の1)

群馬県安中市、和歌山県有田市、東京都豊島区。

後は、これにコールして取ってもらえるかどうか、ということだな。
[PR]

by ja1toep1 | 2009-04-12 10:44 | 無線

<< 悲しすぎる そう簡単には >>