接触不良

 先日の50MHzのL型アンテナですが、今日調整していたら、いくらやってもSWRが2より下がらない。いくら切ってもダメ。仕方が無いので、先っぽの50cmを再度作り直してやったがダメ。
 もう、何がなんだか分からなくなり、無線機にダミーロードを接続するところから始めた。
もちろんこれはOK。
次は、アンテナ側の接続コネクターにダミーロードを接続。これもOK。
次は、アンテナのエレメントを補強するためにエレメントに平行に這わしていたアルミの板が、もしかしたら、ループみたいになってしまっているのかも、ってそれを外し、測定。それでもダメ。
後はバランに水が入るぐらいしか想像できずに、バランを外した。
テスターで、導通テスト。芯線はOK。
網線は、アレッ、導通しない。網線が導通しないのは変だ。網なのに、切れるはずがないのだよ。

 なんと、M型コネクタの網線部分でハンダ不良。あちゃー。

 早速、再度ハンダ付けして、再度組立て。2cmほど先端を切って、SWR測定。

 見事に、SSBで1.1。FMでも1.3。 どうやら、今度は使えそうだ。

 やれやれ。

 私、手が震えるので、ハンダ付けや穴あけは、苦手なんですよね。もう難しいのかなぁ。
ちょっとショック。でも満足。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-12-29 18:14 | 無線

<< なんか字が変 軽症なのに救急外来…123病院... >>