軽症なのに救急外来…123病院で「加算金」徴収

またしてもニュースです。

「緊急性がないのに夜間・休日に救急外来を受診する軽症患者から、全額自費の時間外加算金を徴収する・・・」

 「緊急性」ってだれが判断するの。
自分にとって、痛かったり苦しかったりしてどうにもならんかったら、それは緊急性はあるだろうよ。私のように石持ちみたいなのは、病院に着く頃には痛みが引いていたりするんだけれど、呼んだときは死ぬ苦しみにあるんだよ。

 「軽症」とは言うけれど、例えば事故に遭ったときには、慰謝料とか治療費の関係から救急車呼ぶでしょう。その辺の法なり判例なりを見直さないで、勝手に時間外加算されても困るよね。しかも、一見軽症に見えても、他の病院に行ったら重症だったらどうするんだろう。

病院の仕組みとかの見直しだって必要だと思うよ。

もっといろいろと考えてからにして欲しいなぁ。
[PR]

by ja1toep1 | 2008-12-28 13:38 | 日記

<< 接触不良 カーナビのいらない機能 >>